3話 事故の惨劇

ブログ | 2009/8/29 02:50
チョンソとテファの仲がミラとユリの虐めの対象となり、父のハンにまで誤解されてチョンソは家庭内でも孤立してしまっていた。

さらには、チョンソが熱を出した時に、うわごとでつぶやいていたソンジュの事を「お兄ちゃん」と呼び、それをテファは自分の事だと勘違いしてさらにソンジュへの思いを高ぶらせた。
テファは、チョンソが自分を好きなのだと思うようになり、学校に押し掛け「チョンソ、愛してる」などの紙を掲げたり、気持ちを過剰に押し付けるようになったテファにチョンソは困っていた。

やがて3年が経ち、チョンソは遂にソンジュの元へ行けるアメリカ留学を3日後に控えていた。

だがチョンソは、この3年の間自分を支えてくれたテファを、この冷たい家庭に残して行く事も正直心配だったのだ。
でもチョンソが男性として愛するのは、ソンジュ一人。
テファの事は、やはり兄としてしか見る事は出来ないのだ。

ソンジュへの想いを持ち続けていたのはチョンソだけではなく、ユリも同じだった。
ユリはソンジュの帰国にどうしてもチョンソをあわせる事が許せず、テファの気持ちを利用して何とか引きとめようとしたのだ。

そんなテファがチョンソに告白を告げている時、ソンジュからチョンソに電話が掛かって来る。
本当ならば、明日に帰国予定だったソンジュがチョンソを迎えに来る為に一日早く戻って来たのだ。

その電話で、チョンソは家から飛び出しソンジュの待つ元へタクシーに乗って向かう。

が、しかし。
チョンソとソンジュを会わせたくないユリは、父ハンの車の鍵を持ち出して車でチョンソを追いかける。

タクシーを降りたチョンソは、歩道橋の上から笑顔で手を振りソンジュを見つけて対向側に渡ろうと駆け出した。

その時、チョンソを見つけたユリは嫉妬心で車でチョンソを跳ねてしまう。
ユリは動揺しながらも、意識のないチョンソを後部座席に乗せて病院へと運ぶ。

ユリが丁度駆け込んだ病院では、大火事で負傷者が多数運ばれており救急室は大混乱していたのを利用し、たまたま顔の損傷が激しく身元確認が出来ない女性遺体がある事をかぎつけ、その遺体のポケットにチョンソの財布とネックレスをねじ込んで証拠隠滅をしてしまうのだった。

その頃、ソンジュは、事故現場に落ちていた海辺の家で撮った二人の写真を見つけて不安な気持ちに駆られていた。

ユリは、意識のないチョンソの始末を考え、実の父親であるピルスに処分を頼みに行くが、ユリを追いかけて来たテファにみつかってしまうのだった。


そして…
ソンジュはチャン理事から、チョンソが死んで病院の霊安室に運ばれたと聞かされ愕然としていた…

つい今さっき手を振っていたチョンソ。
そんな愛しいチョンソが死んだと聞かされて、ソンジュはなす術もなく、放心してその場に崩れ落ちてしまうのだった…
タグ
 
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close