1話 孤独の始まり

ブログ | 2009/8/1 21:52
海辺で、ソンジュが静かにピアノを奏でる…
そのピアノと共に、ソンジュとチョンソの壮絶な愛の物語が幕を開けてゆく…

ソンジュとチョンソは、幼なじみで小さな頃から側に居て、悲しみと喜びと共に過ごしてきた。

実はチョンソの父ハン・スハ教授は建築家で母は病気で他界してしまったので、妻の遺骨を海に撒いて妻の側を離れたくないハンは海辺に家を建てチョンソと暮らしていた。

一方のソンジュの母ミン会長はグローバル百貨店の経営者だが、父は交通事故で他界してしまった。

だから2人はどんなに辛い時でもいつも励まし合っていた…
そしてそれは時が経つにつれ、2人は幼い恋心から、深い愛情で結ばれていく。
その愛情として、2人は将来一緒に留学をする約束をしていた。


そんな中、チョンソの父のハン教授は女優のテ・ミラとに恋に落ち再婚をする事に。

だが、テ・ミラには前夫ピルスとの間にテファとユリの2人の隠し子がいた。

ピルスが刑務所に5年間服役している間もミラは2人の子供とは会わず面倒も一切みていなかったほどの酷い母親だったので、当然子供は引き取る気が無かったが、ピルスから「マスコミに記事を流す」と脅され嫌々、2人の子供を引き取る事にした。


やがて新しい家族との生活が始まりチョンソとユリは同じ女子高の同じクラスに編入した。
その下校時、雨が降った学校までチョンソを迎えに来たソンジュにユリは一目惚れしてしまう。

そんな事を知らない、チョンソとソンジュはデ-トの別れ際にプレゼントを交換する。

ソンジュはリボンの付いた可愛い洋服をチョンソにプレゼント。
チョンソは一ヶ月を掛けて編んだ赤いニット帽をソンジュにプレゼントした。


チョンソは義母のミラとその連れ子であるテファ、ユリ兄妹と仲良くなろうとするが、何不自由ない幸せな生活を送っていたチョンソに対しユリは嫉妬して陰湿ないじめや嫌がらせに合うようなった。

ユリはソンジュからチョンソへプレゼントされた服を勝手に着たり、ソンジュに気に入られようと何でもチョンソの真似をするようになった。

はじめの内はチョンソをかばっていたミラだったが、次第に実の娘であるユリのいじめを容認し手を貸すようになってしまう。

だがチョンソは、どんなにいじめられても父には言わずにミラとユリの陰湿な虐めに耐え続けた。

そんなチョンソをソンジュはいつも心配し、気に掛けていたが、愛するソンジュだけには絶対心配を掛けたくない一心で、共に留学する日まで耐え続けることを決意して我慢していた。
タグ
 
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close