立川シティハーフマラソン 2012

ブログ | 2012/3/9 16:17
3/4(日)。
「立川シティハーフマラソン 2012」の開催日です。
そうです、この日の為につらい練習に耐えてきました(って事はまったくない)。

自宅を6時前に出て、レース会場に到着したのが8時頃。
いやー、遠い。
当日の天気は曇り、走るには絶好の陽気なのでしょうが、ただじっとしているとすぐ体が冷えてきてしまうくらい寒い日でした。

会場で友人達と待ち合わせをして、いよいよスタートです。
実はこのレース、2年前にも(昨年は震災で中止)友人達と走ったのですが、その時に仲間でトップタイムになったヤツ(失礼!ちなみにカレは私より4つくらい年上です。)が以降ずっと上から目線で僕らをいじめるんです。
なのでこのレースは絶対カレには負けないつもりで走りました。
そこで目標タイムを1時間40分切りに設定。約4分40秒/kmのペースですね。
練習でも1〜3kmくらいなら走れても長い距離は走った事のないスピードです。
そんな未知の世界に挑戦です。

でヨーイドン。
スタート地点を前の方にしておいたのが良かった。
後で聞いたら、後ろの方はのんびりペースで、6分/kmくらいでしか走れなかったみたい。
それと比べると前の方は結構良いペースで走ります。4分20秒/kmくらいでしょうか。いやー、つらい。
でも実際無理です、こんなペース。最後まで持つはずがありません。

そんな事を考えながら走っていると5km地点でカレの姿を発見!
それを追いかけるべく更にスピードアップ。
6km地点で追いつき、余裕で話しかけたりしましたが、実は余裕なんてまったくなし。
それもこれも駆け引きです(大げさ)。

そのまま2km(10km地点くらいまで)くらい並走しましたが、案の定カレにズルズルと引き離されてしまい....しばらくしたら見えなくなってしまいました。
....がっくし。
凹みながらも気持ちを切り替えて、今度は目標タイムを意識しながら走りました。
13km地点当たりで、一般道から公園内に入るのですが、またその公園内がキツい。
細かなアップダウンと単調な景色が、疲れた体と気持ちにストレスを掛けます。

しかーーし、そんなキツい公園内で再度カレを発見!
いやー、頑張りました。追っかけましたよ、一所懸命。
というか、自分のペースはそれほど上がっていなかったのですが、カレのペースが落ちたみたい。
後で聞いてみたら後半から脚が痛んで辛かったみたい。
追いついた地点で「1時間40分厳しいよ」と言い、そのままカレの前に立ちました。
その後は後ろを振り向かず(そんな余裕はない)、ひたすら距離を稼いでいきました。
最後はダッシュを掛け、カレに追い抜かれずゴール。

タイムは、
 グロス:1:38:13 303位
 ネット:1:37:50(自己計測)
といったところ。
自分なりには大満足。
カレに勝ったし、タイムも目標タイムをクリアー出来たし。
ホントレースは練習の3割増くらいのタイムが出るんですね。びっくりです。

でも正直、今後このタイムより劇的に早くはならないように思います。
4分30秒/kmを切ってハーフ距離を走るのは想像出来ないし、体力的にも厳しいなーと思う、そんなふうに思わされたレースでした。
でも一応これからもコンスタントに走って、来年のこのレースで少しでもタイムを縮められるようにしよっと。

----
さ、レースの後は友人のご自宅へ伺って打ち上げです。
実は2年前のレースでもレース後御邪魔したのですが、撃沈。
http://www.rottel.net/sugi_design_studio/71575
まったくもって前後不覚、南武線を何往復かしてようやく帰宅したらしい(覚えていない)。
そんな体たらくでしたので、今年は飲み過ぎないように注意。
しかし、ナオコさんのお料理はおいしかったです。御馳走さまでした!
そこで、今度皆で青梅マラソンに出ようと話をしてお開きとなりました。
いやー、すばらしい一日でした。

さて、今度は何のレースにエントリーしようかな。

あ、またもやレースの写真がない。
飲んでいるところの写真ばかりでごめんなさい。
▼追記 2012/3/9 19:44
しかし立川シティハーフマラソンって、コース自体はほぼフラットで楽しいけど、タイムは「グロス」だけで「ネット」はわからないし、記録証は走り終わって2週間後の発送とかいっているし、全然運営側の努力を感じないな。しまいには、当日の受付表も当日までに届いていない人もいたみたいだし。今時のレースは、走り終わったらすぐに記録証とかもらえるよね。その為にゼッケンにチップ付けて走っている訳だし。今後の改善に期待したいところですね。
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close