みかんの家 地鎮祭。

ブログ | 2012/3/1 12:15
みかんの家。
昨年末に工事請負が完了し、年明けより着工していました住宅(別荘)です。

実はこのプロジェクト、お話は2年くらい前より頂いておりまして、設計の作業はコソコソ(いや、粛々)と進めておりました。
が、目標予算をクリアーすべく、概算見積もり→本見積もりと何度か行なっているうちに2年が経ってしまいました。

当初は分棟案もあり、それはそれでとても楽しそうな案でしたが、いかんせん予算が合いませんでした。
しばらくして一棟案(平屋建て案、2階建て案...いろいろと。)に集約していきましたが、それでも厳しく...。

その後、悶々とプランを練っていましたが、どうやっても規模が膨らんでしまい、また予算の壁にぶつかってしまいそう。
一人で悶々としていても始まらないので、建て主さんと打ち合わせ。
予算ありきは変えず、でも気持ちのよい建物を作りには....。
そんな時に出てきた案が、思い切って外部もリビングとしてしまえ!でした。
そうすれば大きな敷地が全てリビングとして考えられ(なくもないし)、建物規模も縮小出来て、基礎工事・屋根工事の予算も抑えられると。
今まで何度も頂いていた見積もり書を基に、予算をはじき出してみたところ何とかなりそうな感じ。

そこから(2回目の...)実施設計に入り、本見積もり依頼。
そこで出てきた予算は若干オーバーでしたが、施主施工(支給)や施工業者さんのご協力により、何とか予算内に収まりました。
ふぅー。
本当に建て主さんにはご迷惑掛けっ放しで本当に心苦しかったのですが、何とか先が見えてきました。

で、年明けに地鎮祭を執り行いましたが、これが何とも凄まじい天候。
風はビュービュー、雨はザーザー。
それはそれは凄まじいものでした。
計画地はみかん畑でして、ご多分に漏れずひな壇になっている関係で、テントを設置したは良いのですが斜めになってしまうし、祭壇にはテントが掛からないので、ブルーシートで囲うような事に。
神様ごめんなさい。

そんな天候の中、神主さんも来られ、何とか滞りなく地鎮祭を執り行う事ができました。
おめでとうございます。
神様今後とも宜しく御願いします。

------
本当に体の芯まで冷えきってしまいました。
帰りには建て主さん、施工業者さんと一緒に近くの温泉に入って冷えた体をほぐして帰りました。
気持ちよかったー。
あ、おいしいお料理、御馳走さまでした。
------

Fさん、今まで長い時間掛かってしまいましたが、これからもよろしく御願いします!
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close