2012/10/3:今日の体調

ブログ | 2012/10/3 05:41
おはようございます(^_^)
昨日でラステット2日間の治療が終了しました。副作用は今のところ、吐気、頭痛が少しありますが、一晩寝たところ、だいぶ治まりました(-。-;
今日から、放射線治療を3日間、午前と午後40分間ずつ行っていきます。放射中、体の姿勢を変えることができないので、ちょっとしんどそうですが、頑張りますo(^_-)O

・熱 36.5℃

・体重 76.0kg
→利尿剤が必要です。

・昨日の処置
→ラステット、デカドロンを投与。

・今日の処置
→放射線治療を午前11時、午後4時から、40分間程度実施。
   他、採血を行う。

・印象に残った言葉
『天才とは、根気である。』ビュフォン
→知り合いの女性に、英語はもちろん、フランス語、中国語、韓国語を自在に操れる才色兼備の方がいる。でも、海外在住経験はない。ある日、旅をご一緒する飛行機でどうやって、それだけの言葉をマスターされたのか訪ねてみた。

『旅行をすると、その国の言葉が多少はなせたらと必ず思いますよね。そう思うと、私はその気分が薄らいでしまわないうちに、すぐにレッスンを始めるんです。思い立ったが吉日タイプなんですね。それから、どんなレッスンも始めたらやめないと決めています。』

『忙しいときや、気持ち的に中だるみになったような場合は、しばらくレッスンをお休みにすることはあります。でも、とぎれとぎれでも続けていくことにしています』という。

休んでも、やめてしまわない。これは、彼女のお母さまの教えだそうだ。彼女は、子どものころからピアノを習っていた。だが、小学校高学年になるころに、みんやめてしまう。

受験勉強。あきてしまった。ほかに好きなことが見つかった…理由はいろいろあるだろう。たいていの親はそれを受け入れる。だが、彼女のお母さまは違った。

『受験勉強が大変なら、その間はお休みなさい。でも、終わったら、レッスンはできる範囲でいいから続けなさい。そうすれば、やがて、それがあなたの一生の趣味になるはず』といったそうだ。

その教えがクセになった。語学の勉強にもそのクセが出て、仕事の都合で何度も中断しながらも勉強を続けて、気がついたら、いくつかの言葉を話せるようになっていたそうだ。
タグ
 
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close