yottel @ rottel http://www.rottel.net/non_da_kure 潤ってる?(喉) ja 酔鯨 http://www.rottel.net/non_da_kure/291425 はじめて高知で飲んだ時は,うまい酒とは思わなかった.それから数年後,高知にも美味い酒がありますよと出されたものがそれで,その時は正直,はあ,と.しかし2018年に明けにいただいたSUIGEI, Dribken Whaleとラベルに書かれた酔鯨の特別純米の味,美味しいと思う.ただこの美味さは高知のものなのか.美味いの基準が,高知を離れてはならないと思う.日本の中で独特の深化を感じる高知だけに,残っていてほしいものがあると思ってしまう. Tue, 30 Jan 2018 23:36:40 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/291425 地震の日(3) http://www.rottel.net/non_da_kure/106864 彼女は赤坂に友人を迎えに行くという.京都時代の後輩らしく,この4月から東京で仕事をするのだという.途中,赤坂,TBSの前を通った.大型のビジョンで自社の映像が流れており,内容は忘れたが,福島の映像が流れていた.そのころはまだ,原発の話は大きくなかった.気付けば品川から,時間で言うと地震発生から歩きっぱなしだったので,オフィスビルのロビーに置かれたソファに3人で腰かけた.チヒロさんというその後輩も,コンビニでひとしきり揃えていた.同じく,阪神大震災の記憶らしい.違ったのは酒が入っていたということか.思えば一時間近く座っていたのかも知れない.そのうちに,銀座線と半蔵門線の一部が運転再開と館内放送が流れた.渋谷まで出られると,彼女の家までは歩いて帰れる.ありがたかった.赤坂見附から渋谷までの銀座線は,そこまで混んでいなかった.地上を歩く人の多くには,どうも情報が伝わっていないようだった.銀座線の渋谷駅は,地形の関係で,地上3Fくらいの高さに着く.明治通りへ降りる途中で見たものは,規制線の張られた東横線改札と,そこに向かって声も立てずに並んでいる,1000人規模の行列だった.あの光景が今回,一番不気味だった. Tue, 22 Mar 2011 23:49:11 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/106864 地震の日(2) http://www.rottel.net/non_da_kure/106862 麹町への道はなかなか遠かった.荷物も重く,麻布や愛宕山を革靴で越えるのも難儀だった.赤羽橋の辺りで,東京タワーを撮っている集団がいた.ふと気になって,何を撮ってるのですかと尋ねると, ほら先端が曲がってるのですよ と教えてくれた.確かに避雷針の先端が曲がっていた.でもその時は,地震に依るのか疑っていた.写真を撮る気にはならなかった.脇を通り過ぎていった都バスには,乗客がデッキまで満載だった.日が暮れたころになって気付いたのは,コンビニの物の無さだった.食料はおろか,携帯電話の充電キットがすべて売り切れる事態はそうないだろう.帰宅が始まる時間帯になって,歩道には昼間と違うノイズ,苛立ちを感じ始めた.どこのタクシー乗り場にも,長蛇の列が出来ていた.僕は電車が動かないことを確信していたので,理解の出来ない行動だった.しかし,並ぶしかなかった人も多かったと今にして思う.赤坂見附にソフトバンクショップがあったので,iPhoneを充電しようと立ち寄った.しかしコンセントがすべて埋まっており,どうしようもないと断られ,店を出た.まぁ,どうしようもない.そこから少し紆余曲折あって,麹町で落ち合えたのが19時半.彼女はコンビニでおにぎりのど飴軍手ポテトチップスといった買い出しを済ませていた.手際の良さに驚くと同時に,自分にその発想がまったくなかったことに気がついた.話を聞くと,阪神大震災のときの教訓だという.どこでどう被災したか知らないが,感心した. Tue, 22 Mar 2011 23:27:28 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/106862 地震の日(1) http://www.rottel.net/non_da_kure/106852 新年度の打ち合わせと歓送迎会の日だった.歓送迎会の会場へ歩いている最中に,どうしようもなく揺れた.高輪台のあたりは古く小さな建物が多い.道路の向こう側のおまんじゅう屋さんから,瓦がざざざと歩道へ落ちていった.揺れ止まない電柱と電線の異常さに,ついに東海かと思い,すぐ近くの公衆電話に駆け込んだ.仙台の母に無事を伝えるつもりだった.しかし電話は,繋がらなかった.メールでいいかと諦め電話ボックスを出て,目に入ってきたのは,道行く人の震度7宮城,大津波警報というワンセグ画面だった.震度7を観測したのは内陸の栗原市.あそこは多少揺れやすい.問題は大津波警報だった.予想される津波の高さが10mというテロップが見えた.一瞬,気が遠くなった.それは異常なことだった.大津波警報については,北海道南西沖地震,奥尻島の青苗地区で6mと頭にあったが,その倍.そしてワンセグからは東京の被害が流れ始め,頭上に流れている黒煙が,テレコムセンターの屋上の火事だと言うことを知った.歓送迎会のホテルに着くも,駐車場には館内からそのまま出てきた客やコック,ウェイター,ホテルマンで溢れていた.その頃,再び大きな揺れが来た.思えばあれが,茨城沖だったのだろう.鉄道は全線止まってしまった.帰宅難民になってしまったな,と思った.携帯電話は輻輳してしまい,SMSは送れなくなった.とりあえずtwitterにアクセスすると,彼女からDMが来ていた.TLは読めなかった.Dの内容としては,来て欲しいということで,徒歩で品川から麹町まで向かうことにした.とはいえ,いま向かっても早いので,もう少し打ち合わせをすることにして,場所に戻った.そこで目に入ったのが,気仙沼といわきが津波に飲み込まれていく瞬間だった.結局,打ち合わせの内容も深化しないまま,品川を出た.小さなお寺の石灯籠が倒れていた.道すがらに老夫婦から余震はあるのかと尋ねられ,しばらくは続くでしょう,と解説者のように答えた.思えばあの日は,イヤホンをしている人が少なかったように思う.第一京浜沿いのオフィスビル前には,おそろいの色のヘルメットをかぶった集団が避難していた.大学紛争の景色の一部のように思えた.それにしても街は乱れていなかった.これは後々に「混乱しない日本人」として報道されたようだったが,僕には異なって感じられた.なんと言えばよいのか言葉が足りないが, 熱がない とでも言おうか.この地震の被災地は三陸であり東北であるが,確実に東京も関東も被災地だった.被災地になった今ですら,隣り合う人と声を掛ける姿はほとんど無く,一人ひとりがガラスの城に入ったままに,歩道を流れてゆく.この人たちは,どうすれば,必死になるのだろう,と思った. Tue, 22 Mar 2011 21:48:46 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/106852 山の上からの http://www.rottel.net/non_da_kure/99024 勤務がえり、バスを待っていると足元に猫が擦り寄ってきた。寒い日だった。腹が減っていたのかも知れなかった。でもなんも持ってなかった。ごめんなぁ、おれなんも持ってないわ、と詫びるよりなかった。 Thu, 13 Jan 2011 01:56:22 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/99024 映画をみる人に http://www.rottel.net/non_da_kure/95543 憧れがある。あんま観てないんで。 帰り道、気が向いたのでTSUTAYAへ。とりあえず一枚、とおもってレンタルDVDコーナーを眺めていたら、スイッチが入ったようで三枚手にとっていた。 レジへ差し出すと、四枚で千円キャンペーン中なので、もう一枚いかがでしょうかとのこと。それならば、ともう一枚えらんで借りた。 「阿弥陀堂だより」「過去のない男」「ぐるりのこと」「きょうのできごと」の四作品。「阿弥陀堂だより」と「過去のない男」は観た。「きょうのできごと」は、冒頭10分で止めた。「ぐるりのこと」は、明晩みなければ返却に間に合わない。 映画をみるって年末っぽいね、と言われた。 そういう捉え方もあるのか、と思った。 Tue, 28 Dec 2010 02:59:11 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/95543 よくない http://www.rottel.net/non_da_kure/93062 もう外で酒飲むのが怖くなった。海老蔵のニュースではないが、店の記憶が無い。外ではビール以外、飲まないようにする。参った。 Mon, 29 Nov 2010 03:20:18 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/93062 特にあてもなく http://www.rottel.net/non_da_kure/89956 空港に行って感じた。空港には、「私」が、無い。ことごとく、設計されてる。隙が無い、からかもしれない。予想外の面白味は、無い空間だった。 Tue, 19 Oct 2010 02:47:36 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/89956 乳と卵 http://www.rottel.net/non_da_kure/87896 洗いながらも巻子は不自然極まりない感じでタオルを前面にぺたりと貼りつけており,それは洗い難さこのうえなしでしょうといったふうなのだけれどもわたしはそれには黙ったまま,髪を洗って,流して,湯をしぼって切ってると,顔に泡をつけて叩くように洗いながらの巻子がこっちを見て,急に思いだしたような様子で,「なあ,仕事はうまいこといってんの」と妙に明るく訊き,「あんた東京何年になるんやっけ,五年? 今年で六年目?どうなんよ」となお明るさをもって続けるので,わたしは一瞬,言葉につまるも,「まあ,まあまあまあ,」とさらにうえをゆく明るさでもって笑いながら,「大丈夫ですよ,そら,」とさらに笑い顔を重ねてみた.なにひとつうまくゆかぬ仕事,というか仕事,にもなってないただの希望,というか,そんなようなもののこと,それは自動的に自分の年齢をも連れてくるもので,それらを思うと,それについて考えてしまうと,それは途端に全停止,っていうか,単純にもう動けなくなってしまう,どうしようもないものであるのだけれども,「や,今年に入って巻ちゃん,わたし,うまくいきすぎ」などと言葉を足して,さらに笑って誤魔化した.巻子はほっとした様子で,そっか,と受けて,あんたの仕事のことはようわからんけど,悔いのないように,がんばるんやで,と云って,洗いにもどった. Sun, 26 Sep 2010 02:43:47 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/87896 潜れなかった http://www.rottel.net/non_da_kure/87647 のは,予想外だった.最大深5mのプールにどっぷり沈もうと思って出掛けた.2年ぶりくらいだったこともあって,プールを見てすぐに「これは無理だ」と思った.何て言うの,本能的に無理だと思う感じ.とりあえず入って身体を慣らそうとするも,身体から力と空気をうまく抜けず,さらには耳抜きもうまくできず,3mも行かなかったんじゃないかな,全然潜れなかった.普通の競泳の調子は良かったんだけど,身体の内側との対話である潜水がうまくいかなかったことは,どうも今の心身の状態を表しているな…と心当たり多数.グランブルーとかヨガとか頭に浮かびながら,またチャレンジしようと思う夜でした. Thu, 23 Sep 2010 00:05:49 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/87647 「電車の中で本を読む」ことは, http://www.rottel.net/non_da_kure/82565 移動を楽しんでしまう僕にはなかなか贅沢なことで,ほぼしていない.その代わりなのか,たまに,本を読むために電車に乗る.暑さの山を越えた夕方に,2冊ほどカバンに入れて駅へ.ぐるりと重複しないようなルートを組んで,数時間の贅沢な時間.窓際の席に座って,本を読んだり,夕暮れののどかな景色を眺めたり.とてもゆたかな時間だった.一年くらい海外で暮らすのもありかもなぁと思ったのは,初めてだった.(南米には機会ないだろうけれど) Sun, 25 Jul 2010 02:18:28 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/82565 海岸のイメージは砂浜ではなかった http://www.rottel.net/non_da_kure/78416 ことに気づく. 自分の中にあるのは,どうも,「磯」のイメージ.砂浜の海岸は,非日常の海な気がする. まぁ,海自体,日常からはほど遠いのだけれど. 海が見たかった. ような気がした,のは,おそらく嘘. 休日に身を投げる口実として,ちょうどよかったという程度か. 江ノ島や由比ヶ浜の明るさに疲れて,逗子へ向かったのは正解だった. 日が暮れるのをただただ,一人でぐったり待つのにちょうどよかった. 見上げれば,飛行機が大きかった. このあたりだと,羽田を発って未だ高度が上がりきっていないからだろう. 飛行機ははじめ,青い海を進むように見えていたが,いずれ暗い海を抜けたがってもがいているように見えた. ああ,一人になっちゃったなぁ. 楽になった部分もでかいけど,苦い. 誰を待っている訳でもない.誰に待たれている訳でもない. そんな状態だというのに,出かけ際にばたばたと選んだ持ち歩く文庫が, 江國香織の「号泣する準備はできていた」だったことを,読んでいる最中にひどく呪った. 海と空の境が交わったら帰ろうと思っていたが,日が沈んでもいつまでも交わらなかった. 向こうでは,高校生たちが賑やかで,小さな花火を上げていた. そのうちビールもなくなり,身体に海風が冷たくなってきた. 外から冷えたのか,内から冷えたのか分からない身体を委ねた江ノ電は,なんとも面白くなかった. それはまるで,休日の終わりを突き放して伝えられているような気分だった. Mon, 7 Jun 2010 02:02:00 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/78416 なぜ,新しいものを知ってしまうと http://www.rottel.net/non_da_kure/78191 これまでのものが,こんなにも色褪せてしまうのだろう. ワケアリの急な引っ越しから,はや一週間.自分の家とも,知人の家ともつかない曖昧な環境だが,確実に気に入ってる. 家族4人でも住めそうな家.こんなところ住んじゃうと,次への落差がまた心配. 以前に4人でシェアしてた後,一人暮らしになったときの落差を思い出す. ま,いつまで住むか住めるか分からないが,いま快適なのは確か.それが大事. Fri, 4 Jun 2010 02:05:23 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/78191 桃のカゴ http://www.rottel.net/non_da_kure/77422  その緑のプラスティックのカゴには,桃が入っていた. 去年の夏の日,流れに任せて行くことになった山梨で買った桃. 一人で桃を6つも買ってもと思ったが,結局それは杞憂であった. 酔っぱらった帰り道,ふと,この幸せのカゴが,小説などでは悲劇の象徴になるのだと思った. 桃のカゴをぶらさげて,入院している母親の見舞いに向かう兄妹が,途中で車にはねられる. 桃は道路に転がり,潰れるものもあった. のような. そんなことを考えながら川沿いの道を歩き,帰ってすぐに,桃にしゃぶりついた. 温い桃は,汁ばかりが垂れた. Wed, 26 May 2010 02:48:57 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/77422 波は小刻みにいくらでも http://www.rottel.net/non_da_kure/75960 押し寄せていた. 黒のウェットスーツに身を包んだサーファーが,波間に見えたり隠れたりしていた. 目的がないわけではなかった.しかし初めての葉山,地理が不案内で時間がかかってしまい,そちらは断念した. その代わり,一色海岸をたっぷり,ゆっくり歩いた. 適当な浜遊びをしながら,おれは未だ大人っぽい子どもなんだなと,哀しい気分だった. Thu, 6 May 2010 02:26:03 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/75960 座って微動だにしない人もいる http://www.rottel.net/non_da_kure/75857 んだなー,quasimodeの演奏聴いてたら,もう座ってるのもムズムズしちゃうくらいだったんだが! ライブというのは,本人たちの楽曲で演奏されるわけで,CDとかで発表されてる演奏から,いかに本人たちが自由に演奏するかってところに醍醐味があると思ってるんです. しかもジャズの場合は,カバーの仕方をみても分かるように,その曲のどの辺をどうアレンジ?するか,あたらしい「艶」をみせていくか,ってとこに本人たちの腕が見えると思うんです. しかしながら,フリーライブってこともあってか,いろんなお客さんが居て,いまいち「踊れるジャズ」という位置づけの彼らには厳しかったのかなぁ.なんか,おとなしく座って聞いてちゃって.まえに新木場で聴いたときは,もうフロアうごめいてたんだけどね.http://www.youtube.com/watch?v=yZv2BrBurJQ Tue, 4 May 2010 23:48:19 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/75857 ふたたび上下に文を。(1行消した) http://www.rottel.net/non_da_kure/75795 3/44/4 Mon, 3 May 2010 21:52:49 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/75795 テストテスト http://www.rottel.net/non_da_kure/75397 これは下 Wed, 28 Apr 2010 11:52:03 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/75397 「あるよねぇ、悲しいけど」 http://www.rottel.net/non_da_kure/75267 というのは、前に座る人の感想。 おれが、「今日はひととたくさん喋れて楽しいや」と漏らしたときのこと。 そういう世界にいるなかで、ついつい、ITの恩恵にもたれることがある。 いまのこのキモチ、誰かに、あの人に伝えたいという思いは、きっと根源的なものなのだろう。 Tue, 27 Apr 2010 02:20:50 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/75267 悩みのレッスン http://www.rottel.net/non_da_kure/74813 という、投稿が原則29歳までのコーナーに目が止まった。あさのあつこの、しなやかな回答から感じられる真剣さが、心に響いた。だからこそ、最後の段落の出だし、「自分で決めましょう。」は、なんとも愛に溢れ、力付けられた。 Wed, 21 Apr 2010 23:02:40 +0900 non_da_kure http://www.rottel.net/non_da_kure/74813