甘くて白い麦味噌

ブログ | 2008/9/16 00:24
今年の夏に実家に帰省した際に、食べた味噌汁の味が、何故か急にものすごく美味しく感じられた。

考えてみたら実家を出てから17年か、住んだ土地土地で適当に安い味噌を買っては、つまりはこだわりも何もなく安くて癖がなければ何でもいいや的に、だから大体は合わせ味噌系を適当に買っては、使っていたので、味噌の味の違いとか、どの味が好きかとか、懐かしいかとか、本来だとか、そういうのって全くどうでもよく、分からなくなっていた。

実家では、甘い白っぽい味噌で、具沢山の味噌汁であった。らしい。今回の帰省で再認識。

そして自宅に戻って作る味噌汁は、何だかしょっぱい。現在は、だし入り合わせ味噌系で、1キログラムで安いものを買っている。買う銘柄は決めていない。

何だか急に、あの甘くて優しい、それでいてコクのある味をまた味わいたいと思い、思い始めたら止まらなくなったのに、実家に電話をしたのはやっとこさ今日なのだ。

いつも使っている味噌は何味噌か。何と言う銘柄の味噌なのか。

聞いてみると、いつも使うのは麦味噌。そういえば、実家で味噌汁を作ったら、味噌こしが必須だったなぁ。
そして、銘柄は「天狗味噌」を買っていたら最近になって高くなったので、今は「伊予の味噌」というのを買っている。とのこと。
何となくどちらとも、愛媛県内で作られている味噌なんだろうな、という気がした。

さて、調べてみる。

「天狗味噌」とは、大洲市にある「矢野味噌」という会社の出している味噌の銘柄だった。
http://yanomiso.com/

「伊予の味噌」とは、何だ、あの「ギノー(義農)味噌」(伊予郡松前町)が出している味噌の銘柄だった。
http://www.gino-miso.co.jp/

麦味噌というもの自体が、甘口の白味噌、という特徴を持っているのだった。
麦味噌は裸麦から作るらしいのだが、愛媛県は裸麦の生産量が日本一なんだそうだ。あらまー。

送ってあげようかと言うので、ついでがあった時でいいよと答えたのだが、来週末は長男の誕生日。
母親は毎年、孫の誕生日の当日に必ず届くように、プレゼントを送ってくれるのである。

というわけで、もう1週間もしない内に、味噌がウチに届くはずである。
あと、クレオメの種もね。その他に、ミカンとか、じゃこ天とか、手作りのジャムとか、畑で採れたデカいキュウリとか、最新の押し花作品を写した写真とかも。多分。
keroco
pu:chaさんこんにちは
ギノー味噌、広島にいる時に生協で買って使ってましたよ。
あの甘み、なつかしいなぁ
私も食べたくなってきたので柏の町で探してみよう。
デパ地下か京北スーパーあたりならあるかも?
keroco | 2008/09/16 11:07
pu:cha
kerocoさんだー。コメントありがとうございます!

あの味噌の味、そう、普段は忘れてしまっていても「甘いあの味」と思うといつでも思い出せる懐かしい味なんです。

そっか、デパートやスーパーなどに地方の味が置いてあったり、生協も地方の品を扱うことがありますね。あとはアンテナショップですね。でも近頃は、お取り寄せ(通販等)もインターネットで以前よりも格段に手軽にできる感じ。今までは京都のお気に入りのお漬け物を取り寄せたり、近所にお裾分けして気に入ってもらえた故郷のミカンを改めてどっさり取り寄せてみたり、思い返してみてもそれくらいしかしたことがないのですが、ギノー味噌か矢野味噌、いずれもオンラインショップがありますので、これを機に、故郷の味をお取り寄せ、してみようかなぁ~と思います。
pu:cha | 編集回数: 2 | 2008/09/18 11:41
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close