タグ: wc2010 を抽出しています。
Total: 15

終わってしもた。

ブログ | 2010/7/13 02:42
64試合、だいたい観た。
ドイツやオランダが戦い方を変えて挑んでしまうことで、スペインの強さが強調されるという不思議な終盤戦だった。自分達のスタイルで戦ったパラグアイに一番可能性があったところに、対スペイン戦のヒントがあるように思う。

オランダが、4-3で勝つイメージで試合に入っていたら、ロッベン、スネイデルの決定力で上回り、勝機があったのではなかろうか。で、そんな試合に魅せられた世界はサッカーに夢中になり、経済効果は東京ドーム2010個分くらい拡大したに違いない。

来年あたり、スペインと日本代表の親善試合が実現すると嬉しいなあ。バレンシアあたりで。そしたら行くかも。

見応えはあった

ブログ | 2010/7/9 00:37
スペインを前に萎縮してしまったドイツとか、一筋縄でいかないサッカーの奥深さが出て面白かった。展開はもどかしいものだったけれど。
2点差でも追いつく昔の西ドイツの印象が強いからか、試合中はスペインが先制した方が面白い筈と思っていたのだけれど、逆だったのかもしれない。

チャビが30歳。あと2年はスペインを中心に回りそうだ。

そろそろ疲れてきた。ということでW杯も残り僅か。

イメトレ効果

ブログ | 2010/7/7 02:26
日曜日にフットサルをやったのだけれど、上手くなっててビックリ。殺し屋の本能があるんじゃないかとさえ思えるくらいに、クールにプレイできた気がする。やっぱり、たくさん試合を見ると違うんだなと実感。

さて、ベスト8を振り返る。

URG-GHA
プーマ対決。フェアプレイじゃない云々の批判も目にするけれど、あの時間、あの場面では、手を出してでも止めるべきとさえ思う。顔の横をボールが通過して負けてたら、「手でも止めておけば」と後悔するだろうから。といっても、あのPKが決まらないなんていうシナリオは、とても描けない。最後の悪あがきが功を奏してしまうあたり、スアレスというプレイヤーの「持っている」資質みたいなものを感じずにはいられなかった。

NED-BRA
ナイキ対決。不快なゲーム。やっぱり、ロナウドやロナウジーニョみたいに、サッカーの喜びを表現してくれるのがブラジルであるべきだと強く思った。なんであんなにイライラしたゲームをベスト8で見せられなければいけないんだろう。オランダには優勝して欲しかったけれど、つまらないのでウルグアイに勝って欲しい。というか、たぶん勝つ。

ARG-GER
アディダス対決。ドイツの黄金期到来を宣言するのに充分な試合だった。スペインとの対決は本当に楽しみ。

PAR-ESP
アディダス対決。トーレスが今の調子だと、始めから10人で戦うようなもので、とてもドイツと勝負できないと思う。おそらくデルボスケ監督は、決断してくるに違いない。パラグアイが勝ってもおかしくない試合内容だっただけに、スペインにはこれまでのW杯ではなかった勝負強さを感じずにはいられない。

さて、あと1時間でキックオフだ。

大航海時代に突入

Zakumi, the 2010 FIFA World Cup South Africa™ official mascot
Zakumi, the 2010 FIFA World Cup South Africa™ official mascot (by Kleinz1)
ブログ | 2010/7/1 00:24
ベスト16という結果もそうだけれど、日本代表が見せたフットボールや選手達の見せたハングリーさは、日本サッカーのステイタスをぐっと引き上げたに違いない。水を運ぶ選手達は、世界に求められていくだろう。きっと出場した選手だけに留まらず、Jリーグにもスカウトの目が集まってくる筈だから、そうなるとJリーガーのモチベーションも上がり、試合は激しく面白くなり、観客も増える。かもしれない。

さて、ベスト8。
日本がベスト8へのガチンコの闘いに挑んでくれたことで分かったことなのだけれど、ここからの壁が相当高い。メキシコは5大会連続でベスト16止まりとのことだし、パラグアイだって始めてのベスト8。アフリカ勢の最高順位がベスト8。ここを超えるにはグループリーグを1位で通過する力が必要なのだ。
それを知ってる国の人々は、今回がいかにチャンスであったかということが分かるのだと思う。試合は互角だったけれど、スペインへの挑戦権はGLを1位で抜けてきたパラグアイにあったのだと思う。

なんて面白いんだ。

・・・
昨日の試合後、すぐ買ってしまいましたよ。
さっき、届いたので読みながら寝ます。

Amazon

オシムの伝言
みすず書房
¥ 2,520

激闘になる可能性があっただけに

ブログ | 2010/6/28 02:05
とても残念なウルグアイの審判団だった。あの、24に出てくる大統領みたいな顔の主審は、いつも試合を壊している気がする。

目にも留まらぬ強烈なシュートで、スローでしか判別できないなら致し方ないけれど、あのループ気味の緩い球を見逃してしまうのを許容してしまっては、サッカーへの興味が失われてしまう。審判をあと2人増やすだけでかなりまともになると思うのだけれど。テニスだってあの狭いコートに7人(9人?)もいるのだから。

昨日は、

ブログ | 2010/6/27 18:51
応援してた側が両方負けたような気がする。(気がする程度なので、どっちもアリだったけれど)

URU - KOR
後半ウルグアイが引いて、韓国が同点に追いついたから、韓国の流れだと思ったのだけれど、そうではなかった。ウルグアイは、追いつかれたらまた攻めればいいじゃんということで、引くだけの余裕があったのだと思う。トップに決定力のある二人を抱えている自信がチーム力になっている。韓国の勝機は90分間の中にはなかったように思う。

USA - GHA
両チームがよく動く激しいゲームだったけれど、サッカーってこういうゲームだったっけと、半日経ってそんな風にも思う。ボールを奪ってガーっと攻めての繰り返しのような。南米でもない欧州でもない、似たタイプのチームの試合だったのかもしれない。アフリカ勢を応援していたのだけれど、どうもガーナではないと思ってしまうのは、ギャンのダンスが好きになれないからだろうか。


WCのサイト情報は、全部スカパー絡みだけれど、下記くらいに落ち着いてきた。オシム関係は本当に面白い。オシムツイートも追いたいけれど、試合中は画面から目を離せないので無理だ。
http://soccer.skyperfectv.co.jp/worldcup/p/
http://info.osimnodengon.com/
http://soccer.skyperfectv.co.jp/worldcup/column/
http://twitter.com/skyperfectv

あと、FIFAと
http://www.fifa.com/worldcup/

今日は、順等にARGとGERだろう。クローゼが戻ることでポドルスキーも活躍しやすくなってチーム力がぐっと上がるから、大差がついてもおかしくない。

好チーム

ブログ | 2010/6/25 19:18
カメルーンに勝って以降、チームがどんどんまとまっていく雰囲気のニュースしか伝わってこないし、グループリーグで一番の好チームにすら見える。実際そのとおりなのだろう。もう一つ勝つことに不思議はなくなってきてるし、十分相応しい。

優勝候補の中では、アルゼンチン・オランダ・ブラジルがチームとしてまとまっていて、コンディションはまだまだ上がりそう。ドイツは、ポドルスキーを起用し続ける采配に不安を感じる。ジダンやマラドーナではないので、調子が悪いのに交代しないと、控え選手は口にはしなくても何かを抱えてしまう筈だから。エジルのプレースタイルが誰かに似ているなあと思っていたのだけれど、デコかな。
ベスト16の大一番、ドイツ vs イングランドは、ドイツを応援します。イングランドはひとつも面白くない。見所はテリーのダイビングブロックしかなかった。

決勝トーナメントの表を見ているのだけれど、
http://southafrica2010.yahoo.co.jp/schedule/tour...

今日の結果次第では、左下の山にブラジル vs スペインなんていうこともあるのだろうか。そうなると韓国と日本は、ベスト4へのチャンスが25%はある。本当にそうなったら、FIFAはサッカーのルールを変えてしまうに違いない。一人10km以上走ったらいけないとか。

バルカンシンドローム

ブログ | 2010/6/24 21:52
オシムは、旧ユーゴやセルビアについて語るのを避けてるんじゃないかと勝手に思っていたのだけれど、そうではなかった。
昨日の試合後、結構饒舌にしゃべっていて面白かった。

旧ユーゴ諸国のメンタリティーとして、バルカンシンドロームという言い方があるらしい。

日本もサッカーくらい遠慮しないで、本性を出しちゃっていいのかもしれない。
無謀な感じが見てみたい。3-5-3のキーパーなしとか。
前 | 1 | 2 |

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close