タグ: macmini を抽出しています。
Total: 15

サーバーの火を落とす

2011/11/30 03:08
ひとまず、全部を外に移行できたので、macminiを1台ずつシャットダウン。
静かだ。

いつ自宅サーバーに移行したか覚えてないけれど、5~6年は動かしていたのではなかろうか。メインのmacminiのuptimeを見ると、496daysとあるから、1年以上再起動もせずに働いていたようだ。きっと去年の電気工事の停電からだ。

それなりに感慨深い。お疲れさま。
▼追記 2011/12/1 23:29
昨日、せっせとHDDをもとの容量のものに交換して、初期化したりして、
本日、らくらく買取りを申し込んだりして、
一段落。
▼追記 2011/12/5 23:12
下取り価格がいまいちだった。汚れとか隙間とか。1台はdvdドライブが動かなかったらしい。ドライブはほとんど使わないから、気づきもしなかった。まあいいさ。

ユニボディmac miniのHD交換。

2010/11/20 02:57
最近、サーバーがきつそうなので帰りにLabiで買ってみた。
7200rpmのHDは買ってあったし、8GメモリもメインじゃなくなったMacbookのを使えばいいということで安く上がりそうだったので。Labiで18%くらいポイントついたから、実質52,000円くらいでなかなか安い。

で、このタイプ初めてのHD交換。
http://www.ifixit.com/Teardown/Mac-Mini-Mid-2010...
このサイトを見ながら適当にネジを外してやってみた。
  1. Step 10 の網を外すぐらいでいけるんじゃないかと思っていたのだけれど、ちょっと無理そう。
  2. ファン(Step 9)と、Step 12のパネルを外して、Step 13のようにネジ穴にドライバーを突っ込んで、2cmくらい中身を引き出すと、HDが外せるくらいのスペースができます。
  3. HDにくっついたシールをカッターの刃で慎重に剥がして取り替えます。HDの脇には、温度センサーがノリでくっついているので気をつけて取ります(手で押すとゆっくりズレました)。
  4. で、戻して完了。起動するかドキドキ。(自己責任で)

今日知ったのだけれど、serverタイプのmac miniのHDは、7200rpmのようです。OSX serverなしで安いタイプも用意してくれると嬉しいのだけれど。

snow leopardサーバー構築メモ20101120

2010/11/20 01:50
下記バージョンが入りました。
apache2 @2.2.17
php5 @5.3.3
mysql5 @5.1.52
のインストールメモです。インストールマシンは、mac mini(Mid2010)。

[準備]
システムのインストールDVDから、xcodeをインストールしておく。

[webmin]
http://www.webmin.com/download.html
で、Unix tar/gzip format をダウンロード。解答後アプリケーションフォルダにでも移動して、Terminalで、
cd /Applications/webmin*
sudo ./setup.sh
アンインストールは
sudo /etc/webmin/uninstall.sh

インストール後、
Webmin 設定 > IP アドレスのアクセス制御
で、アクセス制御くらいしておきましょう。

[MacPorts]
http://www.macports.org/install.php
から、Snow lepard版をダウンロードしてインストールして、Terminalで、
sudo port -d selfupdate
sudo port -d sync

[不可視ファイルの表示]
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true
killall Finder
非表示
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false

[MySQL]
port search mysql5
port variants mysql5
で情報を調べてから、
sudo port install -v mysql5-server

■データベースの作成(すでにあるからやらなくて良さそう)
sudo /opt/local/bin/mysql_install_db5
cd /opt/local/var/db
sudo chown -R mysql:mysql mysql5
cd /opt/local/var
sudo mkdir run
sudo mkdir run/mysql5
sudo chown -R mysql:mysql run
■自動起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

■webmin設定
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqlshow
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysql
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqldump
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqlimport
cd /opt/local ; /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqld_safe &

MySQL共有ライブラリディレクトリへのパス
/opt/local/lib/mysql5/mysql
Path to MySQL databases directory
/opt/local/var/db/mysql5

■rootパスワードの設定 (webminでも設定できる)
sudo /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'

■起動と停止
起動
sudo /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqld_safe &
終了
sudo /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root -p shutdown
接続
cd /opt/local/lib/mysql5/bin/mysql -u root -p
/opt/local/bin/mysql5 -u root -p
でもいい。

とりあえず、空のmy.cnfを作成(ないと自動起動しない)
sudo touch /etc/my.cnf

[apache2]
sudo port -v install apache2
こんな感じのエラーが出たら、
Error: db46 requires the Java for Mac OS X development headers.
Error: Download the Java Developer Package from: <https://connect.apple.com/cgi-bin/WebObjects/MemberSite.woa/wa/getSoftware?bundleID=20719>
https://connect.apple.com/cgi-bin/WebObjects/Mem...
から、Java for Mac OS X なるものをダウンロードしてインストール後、もう一度apacheをインストール。

■webmin設定
/opt/local/apache2
/opt/local/apache2/bin/httpd
/opt/local/apache2/bin/apachectl
/opt/local/apache2/conf/httpd.conf
/opt/local/apache2/conf/mime.types
■自動起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist
■mod_rpaf (mod_proxy_balancerを使うので入れておく)
このあたり参照
http://www.rottel.net/kuwa/65037

■SSL
この辺りを参照
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/artic...

[PHP]
port search php5
port variants php5
で、調べてから、
sudo port install -v php5 +apache2 +pear
■インストールされたモジュールを調べてから、
/opt/local/bin/php -m
追加インストールは、たくさんあるのでshファイルでもつくってそれを実行する。
ついでにPEAR関係も一緒に。
#!/bin/sh

port install php5-curl
port install php5-exif
port install php5-ftp
port install php5-gd
port install php5-imap
port install php5-mbstring
port install php5-mcrypt
port install php5-mysql
port install php5-openssl
port install php5-zip
port install php5-imagick
port install php5-memcache
port install php5-tidy
port install php5-apc

#pear
/opt/local/bin/pear install -f XML_RPC
/opt/local/bin/pear install -f Text_Diff
/opt/local/bin/pear install -f Cache_Lite
/opt/local/bin/pear install Net_POP3-1.3.7
/opt/local/bin/pear install Mail_Mime
/opt/local/bin/pear install Mail_mimeDecode
/opt/local/bin/pear install Auth_SASL-1.0.3

exit
cd; cd Documents
sudo ./install_php.sh
とか。

■php.ini (/opt/local/etc/php5/php.ini)
cd /opt/local/etc/php5; cp php.ini-production php.ini

この辺りを追加・修正
webminのPHP Configurationで、編集するのが楽。
mbstring.internal_encoding = UTF-8
date.timezone = Asia/Tokyo
upload_max_filesize = 8M

phpからmysqlに接続できなかったら、下記も設定
mysql.default_socket = /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock
pdo_mysql.default_socket= /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock
mysqli.default_socket = /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock
mysql.default_port = 3306

[memcache] ... phpの方でインストール済み
起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.memcached.plist
終了
sudo launchctl unload -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.memcached.plist
このあたりのメモを参照のこと
http://www.rottel.net/kuwa/book/12/73768

[awstats]
sudo port install -v awstats

設定は、下記の通り
**********************************************************************
Add the following to your Apache httpd.conf, save, and restart Apache:

Alias /awstatsclasses "/opt/local/www/awstats/classes/"
Alias /awstatscss "/opt/local/www/awstats/css/"
Alias /awstatsicons "/opt/local/www/awstats/icons/"
ScriptAlias /awstats/ "/opt/local/www/awstats/cgi-bin/"

<Directory "/opt/local/www/awstats/">
Options None
AllowOverride None
Order allow,deny
       Allow from all
</Directory>

Find your sample config file in /opt/local/etc/awstats, rename it to
"awstats.domain_name.conf", and edit it to configure Awstats. You
can then access Awstats by pointing your browser to:

http://yourdomain/awstats/awstats.pl

[crontab]
webminで設定(初期のまま)
/usr/lib/cron/tabs

1日1回、時間設定 (システム環境設定「日付と時刻」の自動的に設定は、Offにしておく)
/usr/sbin/ntpdate time.asia.apple.com 1>>/var/log/cron.log 2>>/var/log/cron_error.log

[システム環境設定]
ネットワークを手入力に
省エネルギー設定で、スリープしない、停電後に自動再起動
bluetooth関係は切っておく方が無難
AirMacも切っておく

[rootパスワードの設定]
システム環境設定 > アカウント > ログインオプション > ネットワークアカウントサーバ > 接続... > ディレクトリユーティリティを開く... > カギを外して > 編集 > ルートユーザーを有効にする

[BIND] ...LANからドメインでアクセスできるように
ここを参照して、webminで設定
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/artic...

ネームサーバーの起動には、
sudo /usr/sbin/rndc-confgen -a
をやっとく必要有。

■BINDの自動起動
sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist
終了
sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist

プロセスIDを調べる
ps ax | grep named | grep -v grep

自分のマシンのキャッシュクリア
dscacheutil -flushcache

[sleepモードの設定] ... sleepimageファイル容量の節約
sudo pmset -a hibernatemode 0
sudo rm /var/vm/sleepimage

[VPNサーバー]
手っ取り早く、iVPNを使ってしまえ
http://macserve.org.uk/projects/ivpn/

[Mailサーバー] $25
手っ取り早く、MailServe for Snow Leopardを使ってしまえ
http://cutedgesystems.com/software/MailServeSnow...
▼追記 2011/1/18 16:35
PHPのインストールに
port install php5-apc
を追加

new mac mini

2010/6/16 21:25
Appleストアで見てきた。近いうちに買うだろうけれど、サイズが大きくなってるから、これまでのmacmini群との納まりがいまいちになりそう。
大きいACアダプタがなくなったのは、スバラシイ。
メモリは簡単に交換できるようになったけれど、HDDはどうなんだろう。
そろそろバラシページがどこかに登場してるかな。

Amazon

inactiveメモリの解放 (sudo diskutil repairPermissions /)

2010/1/20 16:17
サーバーに、いくつか実験中。
http://tama-san.com/download.html
だとあまり減らない。

検索すると、ディスクユーティリティでアクセス権の修復をすると減るという情報がある。
http://journal.mycom.co.jp/column/osx/295/index....

terminalで、こう打つらしい。
sudo diskutil repairPermissions /

mac mini server

2009/10/21 23:29
すごいものが出た。Magic mouse。何しろ玉が汚れないのがいい。
AppleStoreに寄ってみたけれど、単品はまだ売ってなかった。iMacの展示品に付いていたので触ってきたけれど、薄くてビィよ〜ンとスクロールが動くし、いい感じでした。きっとamazonで買います(まだなかった)。

で、あまりニュースになってないけれど、macmini serverなるラインナップがmacminiの下層に登場した。DVDの代わりにHD2台という構成のようだ。全面のスロット口がないのが見た目は面白い感じ。

macmini serverが売れるかどうか分からないけれど(snow lepard serverに興味があれば安いのかな)、macminiをサーバーにする動きを加速させそうな商品ではある。

コストパフォーマンスの良い、お勧めの構成は、
・本体 62,900円
・HD 2.5inch 7200回転 500GB 11,000円くらい
・メモリ4G(2+2) 8,000円くらい
自分で取り付ける必要はあるけれど、これで8万くらいか。

欲を出すなら(出さないけど)、4Gメモリを買って6Gにするかな。トイコムで1枚28,553円まで下がってきてる。メモリはまだまだ下がるだろうから、CPUを2.53Ghzして15,120円UPの方がいいか。

あ、持ってない人は、キーボードとマウスも必要なのか。サーバー用途の場合、キーボードはbluetoothよりUSBがいいです。bluetoothは複数台になったとき面倒なので。
▼追記 2009/12/26 22:22
magic mouse。挙動がおかしいと思ったら、裏返して猫の毛とかが付いてないか見るべし。

Amazon

Apple Magic Mouse MB829J/A
アップル
¥ 6,800

サーバーのSSDとHD

2009/8/28 00:01
たしかゴールデンウィークあたりにサーバーをSSDにしてみたのだけれど、今回HDに戻した。

正直、体感速度は変わらない。(再起動はかなり違うけれどサーバーだから、メリットはほとんどないし)

SSDは、たしかread150、write100くらいのもの。
HDは、2.5inch 7200 のもの。

容量単価で5倍くらいの開きがあるから、HDが賢明。

leopardサーバー構築メモ20090821

2009/8/22 00:40
OSX 10.5.8
Apache 2.2.11
MySQL 5.0.84
PHP5.3.0

[webmin]
http://www.webmin.com/download.html
cd /Applications/webmin-1.480
sudo ./setup.sh
アンインストールは
/etc/webmin/uninstall.sh

[アプリケーション]
cotEditor ...テキストエディタ
http://www.aynimac.com/p_blog/files/article.php?...

[MacPorts]
http://www.macports.org/
パッケージからインストール
/User/kuwa/.bash_profile というファイルを作って、(これ必要なくなってるかも)
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

Terminalの新しいウインドウで、
sudo port -d selfupdate
sudo port -d sync

[不可視ファイルの表示]
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles true
killall Finder
非表示
defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles false

[MySQL]
port search mysql5
port variants mysql5
で情報を調べてから、
sudo port install -v mysql5-server
■データベースの作成
sudo /opt/local/bin/mysql_install_db5
cd /opt/local/var/db
sudo chown -R mysql:mysql mysql5
cd /opt/local/var
sudo mkdir run
sudo mkdir run/mysql5
sudo chown -R mysql:mysql run
■自動起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

最近のは上記plistが見当たらないので、下記ページを参照に(追記:mysql5-serverをインストールすれば入るみたい)
http://d.hatena.ne.jp/kazu_pon/20090802/p1
cd /opt/local/etc/LaunchDaemons
sudo mkdir org.macports.mysql5
cd org.macports.mysql5
sudo curl -O http://robwilkerson.org/_resources/hotlink/blog/mysql5.wrapper
sudo curl -O http://robwilkerson.org/_resources/hotlink/blog/org.macports.mysql5.plist
sudo chown root:wheel *
sudo chmod 755 mysql5.wrapper
sudo chmod 644 org.macports.mysql5.plist
sudo ln -s /opt/local/etc/LaunchDaemons/org.macports.mysql5/org.macports.mysql5.plist /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

■webmin設定
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqlshow
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysql
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqldump
/opt/local/lib/mysql5/bin/mysqlimport
cd /opt/local ; /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqld_safe &

MySQL共有ライブラリディレクトリへのパス
/opt/local/lib/mysql5/mysql
Path to MySQL databases directory
/opt/local/var/db/mysql5

■rootパスワードの設定 (webminでも設定できる)
sudo /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root password 'new-password'

■起動と停止
起動
cd /opt/local ; /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqld_safe &
終了
sudo /opt/local/lib/mysql5/bin/mysqladmin -u root -p shutdown
接続
cd /opt/local/lib/mysql5/bin/mysql -u root -p
/opt/local/bin/mysql5 -u root -p
でもいい。

とりあえず、空のmy.cnfを作成(ないと自動起動しない)
sudo touch /etc/my.cnf

[apache2のインストール]
sudo port -d install apache2

■webmin設定
/opt/local/apache2
/opt/local/apache2/bin/httpd
/opt/local/apache2/bin/apachectl
/opt/local/apache2/conf/httpd.conf
/opt/local/apache2/conf/mime.types

■自動起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist

[php]
xcodeが古いと、xcode 3.1以上が必要とエラーが出るので
AppleのDeveloper Connectionからダウンロードする。
https://connect.apple.com/

port search php5
port variants php5
で調べてから、
sudo port -d install php5-gd +apache2 +mysql5 +pear

■インストールされたモジュールを調べる
/opt/local/bin/php -m
追加インストール
sudo port install php5-mcrypt
sudo port install php5-curl

■php.ini (/opt/local/etc/php5/php.ini)
cd /opt/local/etc/php5; cp php.ini-production php.ini

この辺りを追加・修正
mbstring.internal_encodeing = UTF-8
date.timezone = Asia/Tokyo
upload_max_filesize = 8M

[PEAR]
■XML_RPC
sudo /opt/local/bin/pear install -f XML_RPC
■Text_Diff
sudo /opt/local/bin/pear install -f Text_Diff
■Cache_Lite
sudo /opt/local/bin/pear install -f Cache_Lite
■Net_POP3
sudo /opt/local/bin/pear install Net_POP3-1.3.7
■Mail_Mime (Net_POP3に必要)
sudo /opt/local/bin/pear install Mail_Mime
■Auth_SASL (Net_POP3に必要)
sudo /opt/local/bin/pear install Auth_SASL-1.0.3

[crontab]
webminで設定(初期のまま)
/usr/lib/cron/tabs

1日1回、時間設定 (システム環境設定「日付と時刻」の自動的に設定は、Offにしておく)
/usr/sbin/ntpdate time.asia.apple.com 1>>/var/log/cron.log 2>>/var/log/cron_error.log

[システム環境設定]
ネットワークを手入力に
省エネルギー設定で、スリープしない、停電後に自動再起動
bluetooth関係は切っておく方が無難

[rootパスワードの設定]
ディレクトリユーティリティにて
編集 > ルートユーザーを有効にする

[BIND] ...LANからドメインでアクセスできるように
ここを参照して、webminで設定
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/in...

ネームサーバーの起動には、
sudo /usr/sbin/rndc-confgen -a
をやっとく必要有。

■BINDの自動起動
sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist
終了
sudo launchctl unload -w /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist

プロセスIDを調べる
ps ax | grep named | grep -v grep

自分のマシンのキャッシュクリア
dscacheutil -flushcache

[mecab]
sudo port install mecab @0.96 +utf8only
■ユーザー辞書の追加
http://www.rottel.net/kuwa/34557

[Jcode.pm] (awstats用)
http://openlab.ring.gr.jp/Jcode/index-j.html
ダウンロードして解凍後、
cd Jcode-*
perl Makefile.PL; make
sudo make install
perlのパス
/opt/local/bin/perl

[sleepモードの設定] ... sleepimageファイル容量の節約
sudo pmset -a hibernatemode 0
sudo rm /var/vm/sleepimage
▼追記 2009/10/17 17:10
Macportのphp5のインストールだけでは、mysqlに接続できなくなっている。
分離されたようだ。下記で追加インストール。
sudo port install php5-mysql

さらに、php.iniを修正する必要あり。
mysql.default_socket = /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock
pdo_mysql.default_socket= /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock
mysqli.default_socket = /opt/local/var/run/mysql5/mysqld.sock
mysql.default_port = 3306

▼追記 2009/10/20 13:40
mbstringが入ってないじゃないか...
sudo port install php5-mbstring

比較してみると、これまで入っていたもので入らないものがたくさんある。
sudo port install php5-exif
sudo port install php5-curl
sudo port install php5-openssl
sudo port install php5-ftp
sudo port install php5-iconv
sudo port install php5-zip
sudo port install php5-dba
sudo port install php5-calendar
sudo port install php5-gettext
sudo port install php5-posix
sudo port install php5-sorp
sudo port install php5-sqlite
前 | 1 | 2 |

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close