タグ: leopard を抽出しています。
Total: 34

TimeMachineSchedulerがいいみたい。

2009/11/9 20:27
TimeMachineの間隔設定に、
TimeMachineEditorというのを使っていたのだけれど、
http://timesoftware.free.fr/timemachineeditor/
これは再起動しないと、反映されない。terminalでplistを変更する方法も同様。
サーバーなので、余程の時にしか再起動したくない。

で、TimeMachineScheduler
http://www.klieme.com/TimeMachineScheduler.html
これは、TimeMachineのスケジューリングを使わないようなので、再起動しなくてもいいみたい。とてもいい感じ。

あと、mysqlのファイルなんかは、変更日を見る限り、ちゃんとバックアップされているかちょっと怪しい。

spotlightは使わないから、起動ディスクから除外していたのだけれど、timeMachineを使うなら必要なようだ。

snow leopard

Snow Leopard
Snow Leopard (by dumbat)
2009/8/26 03:02
もう出るんですね。すばらしい。
amazonで予約しといた。週末にはきっと届くのでしょう。

Amazon

Mac OS X 10.6 Snow Leopard ファミリーパック
アップルコンピュータ
¥ 5,600

ネットワーク環境の切り替え

2009/2/4 10:19
家と会社で違う設定なものだから、作業始めにシステム環境設定で切り替えるのだけれど、どうも面倒なので調べたら、

アップルメニュー > ネットワーク環境

で切り替えられた。朝からうれP

Timemachineのバックアップ間隔を変更

2009/1/25 15:29
/System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto.plist

<integer>3600</integer>
あたりの数字を変える。3時間毎なら10800に。

これで設定するのがいいかも。
http://timesoftware.free.fr/timemachineeditor/

leopardサーバー構築メモ20090124

2009/1/24 16:06
もう一系統もやってみたので、最終メモ

OSX 10.5.6
MySQL 5.0.75
apache2 @2.2.11
PHP 5.2.8 (+GD +pear)
mecab @0.96_0+utf8only

[OSX leopardインストールDVDから]
Leopardのインストール(言語やプリンターは最小限)
Developer Toolインストール(UNIX関係だけでいいと思う)
ソフトウェア アップデートを繰り返して最新版に

[アプリケーション]
MainMenu ...Finderの不可視ファイルを表示
http://www.santasw.com/

cotEditor ...テキストエディタ
http://www.aynimac.com/p_blog/files/article.php?...

[Dock]
ターミナル・コンソール・アクティビティモニタをDockへ

[webmin]
http://www.webmin.com/download.html
ダウンロード・解凍後アプリケーションフォルダへ。フォルダ名をwebminにでも変更しておく。
cd /Applications/webmin
sudo ./setup.sh

[MacPorts]
http://www.macports.org/
パッケージからインストール
/User/kuwa/.bash_profile というファイルを作って、
export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH
export MANPATH=/opt/local/man:$MANPATH

Terminalの新しいウインドウで、
sudo port -d selfupdate
sudo port -d sync

------------------------------------
最初にこれをやれば、下記MySQL, apache2, PHP5の全部が入るのかもしれません。
sudo port -d install php5 +apache2 +mysql5 +pear
------------------------------------

[MySQL]
port search mysql5
port variants mysql5
で情報を調べてから、
sudo port install -v mysql5 @5.0.75 +server

データベースの作成
sudo -u mysql mysql_install_db5

自動起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

webmin設定
/opt/local/bin/mysqlshow5
/opt/local/bin/mysqladmin5
/opt/local/bin/mysql5
/opt/local/bin/mysqldump5
/opt/local/bin/mysqlimport5
/opt/local/bin/mysqld_safe5 --user=mysql &

MySQL共有ライブラリディレクトリへのパス
/opt/local/lib/mysql5/mysql
Path to MySQL databases directory
/opt/local/var/db/mysql5

rootパスワードの設定 (webminでも設定できる)
sudo /opt/local/bin/mysqladmin5 -u root password 'パスワード'

起動と停止
起動
sudo /opt/local/bin/mysqld_safe5 --user=mysql &
終了
sudo /opt/local/bin/mysqladmin5 -u root -p shutdown
接続
cd /opt/local/bin; ./mysql5 -u root -p

とりあえず、空のmy.cnfを作成(ないと自動起動しない)
sudo touch /etc/my.cnf


[apache2のインストール]
sudo port -d install apache2

webmin設定
/opt/local/apache2
/opt/local/apache2/bin/httpd
/opt/local/apache2/bin/apachectl
/opt/local/apache2/conf/httpd.conf
/opt/local/apache2/conf/mime.types

自動起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.apache2.plist

[jpeg,freetype,libpngのインストール]
sudo port install freetype
sudo port install jpeg
sudo port install libpng

[php5] (GDはデフォルトで入っている)
sudo port -d install php5 +apache2 +mysql5 +pear

php.iniの場所
/opt/local/etc/php.ini

[PEAR]
XML_RPC
sudo /opt/local/bin/pear install -f XML_RPC
Text_Diff
sudo /opt/local/bin/pear install -f Text_Diff
Cache_Lite
sudo /opt/local/bin/pear install -f Cache_Lite
PEL 0.9.1
http://pel.sourceforge.net/
フォルダ名をpelにして、/opt/local/lib/phpへ

[crontab]
webmin設定
crontabディレクトリ
/var/cron/tabs → /var/at/tabs
ファイルの一覧を許可されたユーザ
/var/cron/allow → /var/at/allow
ファイルの一覧を許可されたユーザ
/var/cron/deny → /var/at/deny

1日1回、時間設定 (システム環境設定「日付と時刻」の自動的に設定は、Offにしておく)
/usr/sbin/ntpdate time.asia.apple.com 1>>/var/log/cron.log 2>>/var/log/cron_error.log

[システム環境設定]
ネットワークを手入力に
省エネルギー設定で、スリープしない、停電後に自動再起動。

[BIND] ...LANからドメインでアクセスできるように
ここを参照して、webminで設定
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/artic...

ネームサーバーの起動には、
sudo /usr/sbin/rndc-confgen -a
をやっとく必要有。

BINDの自動起動
sudo launchctl load -w /System/Library/LaunchDaemons/org.isc.named.plist

[VirtualHost]
VirtualHostを使う場合、httpd.confに
Include /opt/local/apache2/extra/httpd-vhosts.conf
を書いて、httpd-vhosts.confに記述していく。別にhttpd.confに記述でもいいようだけれど。
起動時に、
Could not reliably determine the server's fully qualified domain name, using test1.com for ServerName
こんなエラーが出る場合は、
/etc/hosts をこんな感じで記述する。
127.0.0.1  localhost
127.0.0.1  test1.com

[SSL]
MacOSXでサーバー稼業の「Web共有をhttps接続できるようにしよう-Leopard編-」を参照
http://earlybirds.ddo.jp/namahage/inegalog/artic...

cd; cd Desktop; mkdir keys
cd keys
sudo openssl genrsa -out server.key 1024
openssl req -new -key server.key -out server.csr
sudo openssl genrsa -out ca.key 1024
openssl req -new -x509 -days 365 -key ca.key -out ca.crt
echo 01 > ca-cert.srl
sudo openssl x509 -CA ca.crt -CAkey ca.key -CAserial ca-cert.srl -req -days 365 -in server.csr -out server.crt

/System/Library/OpenSSL/certs

server.key、server.crt
を移動

sudo chown -R root:wheel /System/Library/OpenSSL/certs/server.*
sudo chmod -R 644 /System/Library/OpenSSL/certs/server.*

httpd.confに
Include /opt/local/apache2/conf/extra/httpd-ssl.conf
追加して、httpd-ssl.confを編集。

[mecab]
sudo port install mecab @0.96 +utf8only
ユーザー辞書の追加
http://www.rottel.net/kuwa/34557

[Postfix]
MailServe for Leopard
http://cutedgesystems.com/software/MailServeForL...
これを買ってしまおう。Postfix Enablerが機能強化されてのleopard版。

[Jcode.pm] (awstats用)
http://openlab.ring.gr.jp/Jcode/index-j.html
ダウンロードして解凍後、
cd Jcode-*
perl Makefile.PL; make
sudo make install

perlのパス
/opt/local/bin/perl

[MySQL スレーブデータの移植(スレーブからスレーブ)]
移植元で
cd /opt/local/bin
./mysql5 -u root -p

mysql> slave stop;

ステイタス内容を念のためメモ(必要ないけど)
mysql> show slave statusG;
データのバックアップ
sudo tar cvfz /Users/kuwa/Desktop/mysql5.tar.gz -C/opt/local/var/db/ mysql5

mysql> slave start;

移植先で
mysql5.tar.gzを/opt/local/var/db/mysql5と入れ替える
sudo mv mysql5 mysql5_def
sudo mv /Users/kuwa/Desktop/mysql5 /opt/local/var/db
sudo chown -R mysql:mysql mysql5

my.cnfにスレーブ設定を記述して、移植したrelay-log.infoを削除したり
cd /opt/local/var/db/mysql5
sudo rm relay-log.info
sudo /opt/local/bin/mysqld_safe5 --user=mysql &
cd /opt/local/bin; ./mysql5 -u root -p
mysql> show slave statusG;

[MySQL マスターバックアップデータから復帰]
データを移して起動しない場合、xxx-bin.index を 削除すると動く。
cd /opt/local/var/db/mysql5
sudo mv xxx-bin.index xxx-bin.index_old

[DBの修復] ...なんだか壊れていたテーブルがあったので
起動させた状態で
sudo mysqlcheck5 --user=root --password=パスワード --all-databases --auto-repair

[sleepモードの設定] ... sleepimageファイル容量の節約
pmset -a hibernatemode 0
sudo rm /var/vm/sleepimage

[Timemachineの間隔設定]
/System/Library/LaunchDaemons/com.apple.backupd-auto.plist
の<integer>3600</integer>の数字を変更。
再起動が必要かも。

TimeMachineEditorなら再起動不要かも。
http://timesoftware.free.fr/timemachineeditor/

[ファイル共有でゲストアクセスを不可に]
/Library/Preferences/com.apple.AppleFileServer.plist
をProperty List Editor(Developer Tools)で開いて、
guestAccessをnoに

Property List Editorがない場合は、
com.apple.AppleFileServer.plistは、バイナリらしいので、ちょっと操作が必要。念のため_backupファイルを作り、更に_editも作りそれを編集する。
cd /Library/Preferences
sudo cp com.apple.AppleFileServer.plist com.apple.AppleFileServer.plist_backup
sudo cp com.apple.AppleFileServer.plist com.apple.AppleFileServer.plist_edit
sudo plutil -convert xml1 com.apple.AppleFileServer.plist_edit
としてから、Coteditorとかemacsで

<key>guestAccess</key>
<true/>
のところを
<key>guestAccess</key>
<false/>

と編集。バイナリに戻してからオリジナルを上書き。
sudo plutil -convert binary1 com.apple.AppleFileServer.plist_edit
sudo mv com.apple.AppleFileServer.plist_edit com.apple.AppleFileServer.plist
システム環境設定で、ファイル共有を一度オフにしてオン。

こんなことしなくても、共有設定で、Everyoneをアクセス不可でOKなことに気づく・・・。あるいは共有フォルダをなしにするとか。

[VPN]
iVPNを入れてしまえ。おそらくルーターでポートを開ける必要はあり。
http://www.macserve.org.uk/projects/ivpn/

・・・
port installedのメモ
 apache2 @2.2.11_0+darwin_9 (active)
 apr @1.3.3_1 (active)
 apr-util @1.3.4_1+mysql5 (active)
 autoconf @2.63_0 (active)
 autoconf213 @2.13_0 (active)
 automake @1.10.2_0 (active)
 bzip2 @1.0.5_1 (active)
 curl @7.19.3_0 (active)
 db46 @4.6.21_3 (active)
 expat @2.0.1_0 (active)
 freetype @2.3.8_0+macosx (active)
 gettext @0.17_4 (active)
 gperf @3.0.3_0 (active)
 help2man @1.36.4_1 (active)
 jpeg @6b_3 (active)
 libiconv @1.12_2 (active)
 libmcrypt @2.5.8_1 (active)
 libpng @1.2.34_0 (active)
 libtool @2.2.6a_0 (active)
 libxml2 @2.7.2_2+darwin_9 (active)
 libxslt @1.1.24_2 (active)
 m4 @1.4.12_1 (active)
 mecab @0.96_0+utf8only (active)
 mhash @0.9.9.9_0 (active)
 mysql5 @5.0.75_0+server (active)
 ncurses @5.7_0 (active)
 ncursesw @5.7_0 (active)
 openssl @0.9.8j_0 (active)
 p5-locale-gettext @1.05_0 (active)
 pcre @7.8_1 (active)
 perl5 @5.8.9_0 (active)
 perl5.8 @5.8.9_2 (active)
 php5 @5.2.8_1+apache2+macosx+mysql5+pear (active)
 pkgconfig @0.23_1 (active)
 readline @5.2.012_1 (active)
 sqlite3 @3.6.10_1 (active)
 tiff @3.8.2_2+darwin_9+macosx (active)
 zlib @1.2.3_2 (active)
▼追記 2009/4/4 21:09
PHPのインストールでエラー
On Mac OS X 10.5, tiff 3.8.2 requires Xcode 3.1 or later but you have Xcode 3.0.

Xcode 3.1.2 Developer Tools
https://connect.apple.com/cgi-bin/WebObjects/Mem...
▼追記 2009/4/30 18:50
phpのインストール前にmysqlは一度設定しておいた方がいいみたい。+serverじゃないのがインストールされた。

php.iniの場所が、
/opt/local/etc/php5/php.ini
に変更になっているかも。
▼追記 2009/8/2 19:45
事情がだいぶん変わってきてる
[MySQL]
/opt/local/var/db
/opt/local/var/run/mysql
といったディレクトリを手動で作る必要がある。
sudo mkdir /opt/local/var/db
sudo mkdir /opt/local/var/run
sudo mkdir /opt/local/var/run/mysql
sudo chown -R mysql:mysql /opt/local/var/run

その後に
sudo -u mysql mysql_install_db5
か。

[PHP]
php5.3が入ってくる。この場合、php5-gdを指定しないとGDが入らないんじゃないか。
sudo port install -d php5-gd @5.3.0 +apache2 +mysql5 +pear

重ねてやったら、
php5 @5.3.0_1+apache2+macosx+mysql5+pear (active)
php5-gd @5.3.0_0 (active)
こんな感じでGDが入った。とりあえずこれでいいことにする。

PHPでmimetype(挫折)

2009/1/20 21:42
PHPでmimetypeを調べたい。
http://php.morva.net/manual/ja/ref.fileinfo.php
で、fileinfoなるものをインストール。
sudo /opt/local/bin/pecl install fileinfo

configure: error: Please reinstall the libmagic distribution
とエラー。libmagicについて調べてみるも、leopardへのインストール方法がよく分からないので終了。

ssh パスワードなしで接続したい

2009/1/15 00:20
leopardです。
ローカル内でのバックアップに
rsync -avz --delete root@IPアドレス:/Users/kuwa/backup/test/ /Users/kuwa/Backup/test/
こんなことをするのだけれど、cronで動かそうとするとパスワードがないからできない。
http://www.rottel.net/kuwa/29081

で、このページを参考に
http://logic.stepserver.jp/data/archives/250.htm...

まず、rootのパスワードを有効にする。
アプリケーション > ユーティリティ > ディレクトリユーティリティ.app
の編集で、「ルートユーザーを有効にする」で、パスワードを設定。
両方のマシンで設定する。

で、Terminal。

接続元のマシン
su root
cd
ssh-keygen -t dsa
cat .ssh/id_dsa.pub
ここで出てくる公開鍵をコピー

接続先のマシン
su root
cd
mkdir .ssh (.sshディレクトリがあれば以下省略)
chmod 700 .ssh
cd .ssh
touch authorized_keys2 (.ssh/authorized_keys2 ファイルがあれば以下省略)
chmod 600 authorized_keys2

authorized_keys2を編集に接続マシンの公開鍵を追加
emacs authorized_keys2
「control + x」の後に「control + s」で保存される。
「control + x」の後に「control + c」で閉じる。

これで接続できるんじゃないか。
ssh root@IPアドレス
でどうだ。

leopardサーバー構築メモ20090110(sennaなし)

2009/1/10 03:07
leopardサーバー構築系の最新記事は
http://www.rottel.net/kuwa/book/12/38560
・・・・

http://www.rottel.net/kuwa/book/12/34170
からの流れ。[MacPort]まではそっちを参照。

sennaがいまいちなので、ナシで構築。
MySQLだけインストールし直してと思っていたのだけれど、変な事が起こる場合もある。

僕の場合は、MySQLのインストール後に
mysql > select version();
mysql > select rand();
が動かなかったりということが起こる。1台は起こらなかったけれど。

一回、MacPortをアンインストールしてしまった方がいいようだ。
/opt/local/var/db/mysql やら httpd.conf や my.cnf や php.ini をバックアップして、下記rm文をコピペしてアンインストール。
http://guide.macports.org/#installing.macports.u...

または、
cd; sudo mv opt _opt
とバックアップしておくのも良さそう。

で、パッケージからMacPortを再インストール。

sudo port -d selfupdate
sudo port -d sync

[MySQL]
port search mysql5
port variants mysql5
で情報を調べてから、
sudo port install -v mysql5 @5.0.75 +server

自動起動
sudo launchctl load -w /Library/LaunchDaemons/org.macports.mysql5.plist

データベースの作成
sudo -u mysql mysql_install_db5

[apache2]


[mecab]
sudo port install mecab
sudo port install mecab-ipadic-utf8

/opt/local/etc/mecabrc

dicdir = /opt/local/lib/mecab/dic/ipadic-utf8
を追記。
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 |

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close