タグ: サーバー を抽出しています。
Total: 53

うるう秒の調整でCPU負荷が上がる現象

2012/7/2 23:22
さくらインターネットのアナウンスで知ったのだけれど、うるう秒の調整でCPU負荷が上がる現象があるそうです。

CentOS6系、MySQL5.5を使っている場合に出てました。
ロードアベレージで、1~1.5くらいは上昇してる感じでした。

で、指示に従い、rootで、
date -s "`LANG=C date`"
で、下がっていきました。

osxでログローテート

2012/4/1 19:59
/etc/newsyslog.conf
に追記すればいいみたいだ。

新さくらVPS

2012/3/30 01:39
石狩じゃないのですね。クラウドの件があったので、なんとなく心配だったのですが、東京or大阪のようです。
http://vps.sakura.ad.jp/specification.html

とりあえず、2Gと1Gを設定してみたけれど、デフォルトのcentOS6.2をそのまま使えて構築も楽になりました。これまでのVPSは、ディスクのパーテーションが20G+残り、という具合に切られていましたが、新VPSは1つでした。

2G
------------------------------------------------------
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/vda3             195G   30G  156G  17% /
tmpfs                1004M     0 1004M   0% /dev/shm
/dev/vda1             251M   32M  207M  14% /boot
------------------------------------------------------

1G
------------------------------------------------------
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/vda3              97G  5.3G   87G   6% /
tmpfs                 499M     0  499M   0% /dev/shm
/dev/vda1             251M   32M  207M  14% /boot
------------------------------------------------------


apache2.2.15
mysql5.5.22
PHP 5.3.10
(他、webmin, emacs, imageMagick, memcache, awstats, mod_ssl, mod_rpaf)
のインストールは、ざっくりこんな感じ。
===========================================
yum -y install emacs
yum -y install perl-Net-SSLeay

cd /usr/local/src
wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.580-1.noarch.rpm
rpm -Uvh webmin*

rpm -Uvh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

emacs /etc/yum.repos.d/remi.repo
--------------------
enabled=1
--------------------

yum --enablerepo=remi -y install mysql-server
yum -y install httpd-devel php-devel php-mbstring php-mcrypt php-mysql php-tidy php-pecl-apc php-pecl-memcache php-gd ImageMagick-devel memcached awstats mod_ssl

pecl install imagick
emacs /etc/php.d/imagick.ini
--------------------
extension=imagick.so
--------------------

cd /usr/local/src
wget http://stderr.net/apache/rpaf/download/mod_rpaf-0.6.tar.gz
tar -xvf mod_rpaf-0.6.tar.gz
cd mod_rpaf-0.6
emacs Makefile
--------------------
#APXS2=$(shell which apxs2)
APXS2=$(shell which apxs)
--------------------

make rpaf-2.0
make install-2.0
===========================================

2Gの在庫が切れてしまったようなので、来週再開されたら、10個くらいいってみる。VPSの申し込み、いちいちカード番号入力するのが面倒なのはなんとかならないのかな。

週末に、9wash系とrottel系は、さくっと移行予定。
▼追記 2012/4/3 00:18
4G
------------------------------------------------------
Filesystem            Size  Used Avail Use% マウント位置
/dev/vda3             392G  1.5G  371G   1% /
tmpfs                 2.0G     0  2.0G   0% /dev/shm
/dev/vda1             251M   32M  207M  14% /boot
------------------------------------------------------

サーバーの火を落とす

2011/11/30 03:08
ひとまず、全部を外に移行できたので、macminiを1台ずつシャットダウン。
静かだ。

いつ自宅サーバーに移行したか覚えてないけれど、5~6年は動かしていたのではなかろうか。メインのmacminiのuptimeを見ると、496daysとあるから、1年以上再起動もせずに働いていたようだ。きっと去年の電気工事の停電からだ。

それなりに感慨深い。お疲れさま。
▼追記 2011/12/1 23:29
昨日、せっせとHDDをもとの容量のものに交換して、初期化したりして、
本日、らくらく買取りを申し込んだりして、
一段落。
▼追記 2011/12/5 23:12
下取り価格がいまいちだった。汚れとか隙間とか。1台はdvdドライブが動かなかったらしい。ドライブはほとんど使わないから、気づきもしなかった。まあいいさ。

innodbのmysqldumpは速い

2011/11/29 01:26
gzipで固めるのだけれど、ほぼ圧縮の時間という感じがする。
phpMyAdminでみると8.2GBのデータベースを10分くらいでダンプできた。
圧縮ファイルは357Mで、解凍すると2Gくらいだから、容量についてはよくわからないけれど、残りはインデックス分ということかな?
インサートは、それなりに時間がかかってる。MySQL5.5の準同期レプリケーションなんかも仕掛けてしまっているから、より時間がかかってるに違いない。数時間かかりそうな気配。

・・・
DNSの切り替えは、サブドメイン付きはわりと早く反映するのだけれど、サブドメインなしは、結構時間がかかるようだ。

さくら ping値

2011/11/23 00:14
複数台で構成する場合、それぞれの間の通信速度を気にする必要がある。
で、メモ。

まず、外からそれぞれへ。
家(tokyo)→さくらVPS (tokyo or osaka) 20msくらい
家(tokyo)→さくらのクラウド (ishikari) 30msくらい
※VPSは、512と1.5Gと4Gで測定したけれど、だいたい似たようなもの。

さくらVPS→さくらVPS(IP3つ目まで同じ) 0.4msくらい
さくらVPS→さくらVPS(IP2つ目まで同じ) 0.7msくらい
さくらのクラウド→さくらのクラウド 0.3msくらい
さくらVPS←→さくらのクラウド 23msくらい

VPSは、同じタイミングで借りてもタイプで振り分けられるみたい。
4Gどうしは、ほぼ連番で、1.5Gどうしも、まあまあ近い。
4Gと1.5Gは、IPの3番目が異なった。
東京か大阪かは、よくわからない。同じところにありそうだけれど。

複数VPSで、mod_proxy_balancerでの分散を試してみたのだけれど、結構躓くので(ひとつのファイルの読み込みがやたら遅くて表示にもたつく感じ)、あまりいい方法じゃなさそう。共有回線を複数活用する意味でもDNSラウンドロビンでいくのがよさそう。

logrotateのテスト

2011/9/26 23:51
たとえば、httpdをテスト・実行したい時。

強制的に実行
/usr/sbin/logrotate -dv /etc/logrotate.d/httpd

強制的に実行
/usr/sbin/logrotate -f /etc/logrotate.d/httpd

ec2でサーバー構築

2011/9/14 20:43
AWS Management Consoleにて
  • Instances > Launch InstanceでInstanceの作成。
  • Security Groupsは、Instance毎に設定がいい。
  • Elastic IPsで、IncetanceにIPをAllocate。(インスタンスに紐づければ無料)
  • Instance Action > Connect でsshによる接続方法が表示される。
  • で、あとはTerminalで作業。

ダウンロードした、xxxxx.pemファイルを.sshに移動して、
cd; cd .ssh
chmod 400 xxxxx.pem
ssh -i xxxx.pem ec2-user@xxx.xxx.xxx.xxx

ec2-userというのは、デフォルトのrootにサクッとなれるユーザー
で、ログインしたので、設定開始。CentOSっぽいものらしい。
sudo su
rootパスワードの設定
passwd

[webmin]
mkdir src
cd src
wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.550-1.noarch.rpm
rpm -Uvh webmin-1.550-1.noarch.rpm

[emacs, mysql, apache, php, memcached, imageMagick] (すごく速い)
yum -y install emacs
yum -y install mysql-server
yum -y install httpd

#yum list | grep php

yum -y install php-devel

#php -m

yum -y install php-mbstring php-mcrypt php-mysql php-tidy php-pecl-apc php-pecl-memcache php-gd

yum -y install ImageMagick-devel

yum -y install gcc
yum -y install make
pecl install imagick

#You should add "extension=imagick.so" to php.ini

#php -m

yum -y install memcached
yum -y install postfix

yum -y install subversion

[自動起動関係]
chkconfig httpd on
chkconfig memcached on
chkconfig mysqld on

[apache]
/etc/rc.d/init.d/httpd configtest
/etc/rc.d/init.d/httpd start
/etc/rc.d/init.d/httpd restart
/etc/rc.d/init.d/httpd graceful

[phpMyAdmin]
wget http://cdnetworks-kr-2.dl.sourceforge.net/project/phpmyadmin/phpMyAdmin/3.4.3.2/phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz
tar -xvf phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz
ln -s phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages /path/to/phpMyAdmin

[memcache]
設定
emacs /etc/sysconfig/memcached
起動など
service memcached start
service memcached restart
service memcached stop

[時間の設定]
date

[日本時間にする]
mv /etc/localtime /etc/localtime.org
ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
emacs /etc/sysconfig/clock

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false
ARC=false

ec2-user以下に、wwwディレクトリを置く場合は、
chmod 755 /home/ec2-user

[ebs]
ローカルストレージは、デフォルト8GBくらいでよくわからないので(ローカルストレージを有効にするにはコマンドからインスタンスを作成?)、足りないならELASTIC BLOCK STOREなるメニューで、Volumeをくっつける。で、
マウント
mkfs -t ext3 /dev/sdf
mkdir /ebs
mount /dev/sdf /ebs
アンマウント
umount /ebs

[ユーザーの作成]
ec2-userの下に置くのもあれなんで、webminでユーザーでもつくって、そいつで動くようにする。
su kuwa
cd
mkdir .ssh
chmod 700 .ssh
cd .ssh
emacs authorized_keys2
chmod 600 authorized_keys2
のように、自分の鍵を登録して、そのユーザーでsshできるようになる。パーミッションが大事。

・・・・
MySQLにinnodb_pluginが入ってないとかあるのだけれど、あまりCentOSとか深入りしたくないので、サクッと出来る範囲でいいんじゃないかということにする。
http://d.hatena.ne.jp/sh2/20110720
▼追記 2011/9/14 22:26
とか書いてみたものの、さくらのクラウドが11月に始まるらしいから、そっちが楽しみ。
▼追記 2011/9/16 01:25
Community AMIsってなんだ?
とか今更発見して、見てみたらFreeBSDもちゃんとあるじゃないか...
ん、でも32bitしかないのか。となると、t1.micro,m1.small,c1.mediumしか選べないから、やっぱりCentOS系にするしかないか。

上記の構築手順は、ec2がプッシュしている「Amazon Linux AMI」です。
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 |

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close