小豆島

ブログ | 2010/8/25 15:47
行きの新幹線と宿だけは予約して出発。
姫路からフェリーに乗るので、とりあえず姫路城へ。今年は改修の年らしく、クレーンと足場で少し残念。汗だくで残念がる余裕もなかったけれど。
脇の好古園にてあなご丼を食べて、バスで姫路港へ。

で、小豆島。福田港からバスで宿へ。バスの運転手さんが、近いところで降ろしてくれて少し助かる。

1日くらいレンタカーを借りようと電話するも空きがない。そりゃそうか。事前に予約しとくべきだった。小豆島にレンタカー会社は、土庄港の方に3つ。

ということで、バスで観光。
草壁港からタクシーで寒霞渓へ(時間が合えば乗り合いタクシーがある。バスは倒産したらしい)。ロープウェイで上って、瓦を投げて、石門洞サイドを歩いて降りる。すごく暑いので、歩いて降りてる人は皆無。木陰の石畳を降りるから、それほどキツくはないのだけれど。
乗り合いタクシーを止めて、草壁港へ戻る。因にタクシーは2200円くらい、乗り合いは350円。

で、醤油の方へ移動。
ひしお丼なるものを食べる予定だったのだけれど、食事できそうなところは皆無。少し歩いて、タクシーで映画村へ。運転手曰く、醤油をかければなんでもひしお丼ということらしい。映画村でソーメンを食べて、渡し船でオリーブ園の方へ(10分)。

オリーブ園はスルーして、バスで土庄港へ向かい、カドヤ見学。ごま油もらう。
で、北回りのバスで帰る。

三日目は、土庄港で自転車を借りて、エンジェルロードを往復して、うどんとビールを食し、土庄東港に行き、高速船で女木島に渡り、洞窟に入って、芸術祭関連の民家でビールを飲んで、再び小豆島へ戻る。ああ忙しい。

土庄東港は、とてもよかった。おそらく定期船がない小さな港。
平屋のターミナル。船員らしいおじさんと、喫茶店の主人がポツンと正面に置かれたテレビで高校野球の決勝戦を見ている(もう13点入ってた)。島に求めていた時間は、こんな感じなんじゃないかと、そこで思った。

で、翌日チェックアウト。
岡山から帰ろうかと思っていたのだけれど、岡山をぶらつく気力はなかったので、やっぱり姫路ルートで。島から6時間くらいで帰宅。
ちなみに、小豆島への最短は、高松まで飛行機で飛んで、高速船のようです。島で誰かが言ってました。

新幹線に乗ってて思うのだけれど、関西拠点の方がアクティブになれそうな気がします。気がするだけ。
ITIKAWA
なんか、さる園みたいなんがあって、猿と闘った記憶があります。
カドヤは行ってないですね。行きたいところです。
いちかわ | 2010/08/25 18:10
kuwa
さる園ありましたね。あのあたりは車じゃないと行けそうにありませんでした。寒霞渓あたりにも、普通に猿がいるみたいです。猿は海を渡ってきたのでかしら。
kuwa | 2010/08/27 00:36
ITIKAWA
猿園は割と強力な印象がありまして、猿に対して小屋の中から直接餌付けをするわけですが、調子に乗った猿が小屋の中へ入ろうと襲いかかってくるのを、係の人がバンバン棒で叩いて制します。
で、選ばれた客はさらに、小屋から出て、直接猿の群れに囲まれながら餌付けができます。相変わらず、ヒートアップし過ぎた猿に対しては、係の棒が容赦なく振り下ろされます。が、それでも、収集がつかないことになって、ひっかかれたり、噛み付かれかけたりしました。おまえ、餌、隠し持ってるだろ的に。貴重体験なので次回はどうぞ。

寒霞渓は、多分ロープウェイ往復しました。歩いて行き来する発想はでませんでしたねー。醤油屋のしょうゆソフトは美味しかったです。
いちかわ | 2010/08/27 04:09
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close