激闘になる可能性があっただけに

ブログ | 2010/6/28 02:05
とても残念なウルグアイの審判団だった。あの、24に出てくる大統領みたいな顔の主審は、いつも試合を壊している気がする。

目にも留まらぬ強烈なシュートで、スローでしか判別できないなら致し方ないけれど、あのループ気味の緩い球を見逃してしまうのを許容してしまっては、サッカーへの興味が失われてしまう。審判をあと2人増やすだけでかなりまともになると思うのだけれど。テニスだってあの狭いコートに7人(9人?)もいるのだから。
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close