OAuth Summit 2008 - OAuth Token
OAuth Summit 2008 - OAuth Token (by ogimogi)

OAuthは挫折

ブログ | 2009/8/18 15:51
twitterAPIで、sourceに名称を入れるにはOAuthを使う必要があるというのが動機で、昨日からあれこれ調べて、頭がオースに浸食されているのだけれど、もうやめる。

一回twitterに飛ばされるOAuthの挙動もあまり好きになれないし、安全性だってIDとパスワードを使わない気分的なものだけで、OAuthのトークンとやらが漏れる方がよっぽど質が悪い気もしないでもないし。(詳しくは知らない)

とりあえず、リリースしとこ。
ただのtwitterクライアントです。主にiPhone用に作りました。

http://tw.9wash.com/

・激速を狙ったんですが、所詮APIなので普通です。
・ユーザー名とパスワードは、ブラウザのcookieに気休め程度の暗号化で保存します。サーバーには保存されません。通信はbasic認証です。
・複数のユーザーでログインできる仕様にしたのですが、僕のテスト時くらいにしか役立ちません。
・まだsafariでしかチェックしてません。
▼追記 2009/8/18 16:25
todo
・投稿時に新着を読み込む機能
・メニューアイコン化
レスフォームのキャンセルボタン ・レス親表示
▼追記 2009/9/1 22:42
どうも最初の読み込みがダメだ。Javascriptのcacheかクエリーのcacheか、そのあたりの調整が必要なのだろう。
▼追記 2009/9/18 12:01
OAuth、再チャレンジで成功しました。
http://apiwiki.twitter.com/OAuth-Examples

PHP > Code(GitHub)
を利用する時に、コード内のhttps -> httpにすることで動くようになった。

あと、このコードのままだと、投稿時に長文が送信できないことがあったので、レスポンスを調べて
http://www.shoemoney.com/2008/12/29/lib-curl-twi...
送信のcurl部分に
curl_setopt($ch, CURLOPT_HTTPHEADER, array('Expect:'));
を追加。

楽天

縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close