MySQLのレプリケーション

ブログ | 2008/12/31 19:19
余ったMacbookをスレーブにするので、1年前のメモをペースト。

[マスター]

マスターのmy.cnf
[mysqld]
log-bin
server-id=1

cd /opt/local/bin
./mysql5 -u root -p

mysqlのパスワードを入力

mysql> FLUSH TABLES WITH READ LOCK;
mysql> SHOW MASTER STATUS;

FileとPositionをメモ

生データの移植
http://www.rottel.net/kuwa/2438

mysql> UNLOCK TABLES;

マスターにアクセスするユーザーをつくる
mysql> GRANT REPLICATION SLAVE ON *.* TO repl@'%' IDENTIFIED BY 'パスワード';

ファイアーウォールで3306を開ける


[スレーブ]

my.cnf設定
[mysqld]
log-bin
server-id=2
master-host = 192.168.1.xx
master-user = repl
master-password = (パスワード)
replicate-do-db = (db名)

cd /opt/local/bin
./mysql5 -u root -p

mysql> slave stop;

mysql> CHANGE MASTER TO
-> MASTER_HOST = '192.168.1.xx',
-> MASTER_USER = 'repl',
-> MASTER_PASSWORD = 'パスワード',
-> MASTER_LOG_FILE = 'mini-bin.000002',
-> MASTER_LOG_POS = 448784128;

MASTER_LOG_FILE、MASTER_LOG_POSには、
マスターでメモしたFileとPositionを入力。

mysql> slave start;
mysql> show slave status\G;
▼追記 2009/1/1 22:01
スレーブをスレーブのdb生コピーから増やしていく場合、dbディレクトリにある
relay-log.info
を削除すれば、そのまま動く。
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close