うるう秒の調整でCPU負荷が上がる現象

ブログ | 2012/7/2 23:22
さくらインターネットのアナウンスで知ったのだけれど、うるう秒の調整でCPU負荷が上がる現象があるそうです。

CentOS6系、MySQL5.5を使っている場合に出てました。
ロードアベレージで、1~1.5くらいは上昇してる感じでした。

で、指示に従い、rootで、
date -s "`LANG=C date`"
で、下がっていきました。
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close