ec2でサーバー構築

ブログ | 2011/9/14 20:43
AWS Management Consoleにて
  • Instances > Launch InstanceでInstanceの作成。
  • Security Groupsは、Instance毎に設定がいい。
  • Elastic IPsで、IncetanceにIPをAllocate。(インスタンスに紐づければ無料)
  • Instance Action > Connect でsshによる接続方法が表示される。
  • で、あとはTerminalで作業。

ダウンロードした、xxxxx.pemファイルを.sshに移動して、
cd; cd .ssh
chmod 400 xxxxx.pem
ssh -i xxxx.pem ec2-user@xxx.xxx.xxx.xxx

ec2-userというのは、デフォルトのrootにサクッとなれるユーザー
で、ログインしたので、設定開始。CentOSっぽいものらしい。
sudo su
rootパスワードの設定
passwd

[webmin]
mkdir src
cd src
wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.550-1.noarch.rpm
rpm -Uvh webmin-1.550-1.noarch.rpm

[emacs, mysql, apache, php, memcached, imageMagick] (すごく速い)
yum -y install emacs
yum -y install mysql-server
yum -y install httpd

#yum list | grep php

yum -y install php-devel

#php -m

yum -y install php-mbstring php-mcrypt php-mysql php-tidy php-pecl-apc php-pecl-memcache php-gd

yum -y install ImageMagick-devel

yum -y install gcc
yum -y install make
pecl install imagick

#You should add "extension=imagick.so" to php.ini

#php -m

yum -y install memcached
yum -y install postfix

yum -y install subversion

[自動起動関係]
chkconfig httpd on
chkconfig memcached on
chkconfig mysqld on

[apache]
/etc/rc.d/init.d/httpd configtest
/etc/rc.d/init.d/httpd start
/etc/rc.d/init.d/httpd restart
/etc/rc.d/init.d/httpd graceful

[phpMyAdmin]
wget http://cdnetworks-kr-2.dl.sourceforge.net/project/phpmyadmin/phpMyAdmin/3.4.3.2/phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz
tar -xvf phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages.tar.gz
ln -s phpMyAdmin-3.4.3.2-all-languages /path/to/phpMyAdmin

[memcache]
設定
emacs /etc/sysconfig/memcached
起動など
service memcached start
service memcached restart
service memcached stop

[時間の設定]
date

[日本時間にする]
mv /etc/localtime /etc/localtime.org
ln -s /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime
emacs /etc/sysconfig/clock

ZONE="Asia/Tokyo"
UTC=false
ARC=false

ec2-user以下に、wwwディレクトリを置く場合は、
chmod 755 /home/ec2-user

[ebs]
ローカルストレージは、デフォルト8GBくらいでよくわからないので(ローカルストレージを有効にするにはコマンドからインスタンスを作成?)、足りないならELASTIC BLOCK STOREなるメニューで、Volumeをくっつける。で、
マウント
mkfs -t ext3 /dev/sdf
mkdir /ebs
mount /dev/sdf /ebs
アンマウント
umount /ebs

[ユーザーの作成]
ec2-userの下に置くのもあれなんで、webminでユーザーでもつくって、そいつで動くようにする。
su kuwa
cd
mkdir .ssh
chmod 700 .ssh
cd .ssh
emacs authorized_keys2
chmod 600 authorized_keys2
のように、自分の鍵を登録して、そのユーザーでsshできるようになる。パーミッションが大事。

・・・・
MySQLにinnodb_pluginが入ってないとかあるのだけれど、あまりCentOSとか深入りしたくないので、サクッと出来る範囲でいいんじゃないかということにする。
http://d.hatena.ne.jp/sh2/20110720
▼追記 2011/9/14 22:26
とか書いてみたものの、さくらのクラウドが11月に始まるらしいから、そっちが楽しみ。
▼追記 2011/9/16 01:25
Community AMIsってなんだ?
とか今更発見して、見てみたらFreeBSDもちゃんとあるじゃないか...
ん、でも32bitしかないのか。となると、t1.micro,m1.small,c1.mediumしか選べないから、やっぱりCentOS系にするしかないか。

上記の構築手順は、ec2がプッシュしている「Amazon Linux AMI」です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close