過渡期というコンセンサスは、どっちも持ったとして、

ブログ | 2011/7/4 23:58
原子力で繋ぐか、火力で繋ぐか、なら、火力でいいと思う訳ですよ僕は。

原子力で繋ぐと、お金の流れ的にも(主に補助金)、代替エネルギーへのシフトが遅れてしまって、せっかくいいもの持ってる日本のポテンシャルを活かせなくて、日本は萎んでしまうと思うのですよ。再稼働への賛成反対に終始して、そんな議論で、もたもたしてると、10年くらいあっという間に失われてしまうんじゃないかと、本当に心配です。バブル崩壊後の不良債権と同じような構図なんじゃないかと。

原子力テクノロジーが、まだまだ未開で、あらゆる暴力性を夢のように解決してしまうような未来がありそうなら、賭けてもいい気がするけれど、わりと研究つくされた分野で、「もんじゅ」止まりのテクノロジーのように見える。しかも最終的にどうするかの答えすらない。

原子力に夢の未来を描けなくなったら、撤退戦は速やかな方がいい。
しかも、今ならまだ、
・代替エネルギー技術
・廃炉技術
・省エネ技術
などなどで世界をリードできる。

原発立地自治体を、同様の補助金でクリーンエネルギーのモデル自治体にすればいいと思うのだけれど。どこも海に面しているから、海上風力とか海洋温度差とか、波力とか、チャレンジはできる筈。送電網も揃っている訳だし。
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close