回想。

ブログ | 2008/11/14 10:27
唐突に昔の知人のことを思い出す。

入社式で話しかけたのをきっかけに、新人研修の2週間を一緒に過ごしたIさん。

会社から連日支給される昼食のから揚げ弁当(安いからとの理由で毎日これだった)を見ては、揚げ物を食べると如何に胃がもたれるかを毎回説明してから、持参した胃薬の試供品を飲んでいました。

またある時は、制止の声も虚しく、食事の最中にかき崩したアトピー傷を生き生きと見せびらかしていました。

またある時は、こちらが気がつくまで無言で私の机に首を乗せていました。

またある時は、社員の集団移動中に「ファッションヘルス」という看板をみて、「ねえねえ、ファッションヘルスてどういう意味?」と目を輝かせながらはきはきと質問してきました。

またある時は、急遽企画された新人だけの飲み会に参加することになり、携帯電話を持っていなかった彼女は、携帯電話貸すよ?という同僚の声を無視し、今や少なくなった公衆電話を探して店へ向かう隊から抜け出したはいいものの、店の場所をしらないので迷子になっていました。

またある時は、ヘアカラーの講習の最中、講師が黒髪の彼女に「ワックスをつけているね?」と聞いた際、語気を荒げて「つけていません!!」と叫んでいました。

またある時は、「今日は安定剤を飲んでからきた、いつ教室を飛び出すかわからない」とか「最近眠れなくて安定剤飲んでるんだ」とか「まだ薬が効いているからいいけど、いつおかしくなるかわからない」などとよく不穏なことを言っていました。

またある時は、「お父さんが帰ってくるのが遅い。働かせ過ぎだ。そんな会社は止めなさい」と父親に言われると漏らしていました。ちなみに、研修期間中なので退社時間は8:40~17:40位だったと思います。通常勤務になると9:30~22:00の8時間+残業が通常シフトになります。

またある時は、親しい人間だけで飲みに行くことにした際、居酒屋の外に置いてあるメニューを見ては、「食べられるものがない・・・」を連発し、結局1時間以上店を探しまわる羽目になりました。
そして、出てきたお通しをみて「頼んでません」と店員に返そうと試みていました。
個人的に居酒屋に来たのは初めてだったそうです。

そんな彼女の座右の銘は、「植物になりたい。植物なら葉緑体さえあれば栄養がつくれるから、食事をとらなくていいでしょ」でした。

その後、全く違うエリアの店舗に配属され連絡を取ることもありませんでしたが、風の便りでIさんがちょっとした有名人になっていると聞きました。
例えば、職場の先輩にゴミを捨ててくるように指示され、それを「ゴミ捨ては薬剤師の仕事じゃありませんから」と断った武勇伝(?)とか帰宅時間が遅いと親から会社にクレームが来たのでシフトが特殊になっただとか。


そんな不思議ちゃんだった彼女は、今どうしているんだろう?、などと考えているうちにすっかり目が覚めて眠れなくなってしまった。
無駄に脳を動かしちまったよ。
眠い・・・
タグ
是非是非
少し遠くで、こっそり見てみたいです!!
三四郎 | 2008/11/15 02:01
da
2週間の間にこれだけの伝説を残すとは、すごいですね。
da | 2008/11/16 18:22
kebitaku
>三四郎さん

ご謙遜なさらずに、どうぞズズズイとお近くに寄ってご覧ください。
きっと素敵な体験が(笑)


>daさん

初めましてこんにちは^^
書き込みありがとうございます。
2週間でこれですから、4年を過ごした彼女の出身大学ではさぞや素晴らしい伝説があることでしょう。
同じ大学出身の同僚と話をするとき、必ず皆さん「ああ、彼女ね・・・」と言ったっきり口を閉ざします。
一体何が!?と今でも気になります(笑)
けびたく | 2008/11/21 14:32
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close