福井県福井市01。

ブログ | 2009/4/9 23:59
2009/04/09

 福井へ二泊三日。主目的は、「桜の名木スタンプラリー」をして色々桜を見ること。

 ETC通勤割引の関係で、なんとか八時前に出発。関ヶ原ICから乗って、一旦米原ICで降りて、すぐ乗る。ぎりぎり九時前。


 単調で苦手な高速、妻も寝てるんで、すぐに眠くなってきたので、杉津PAに寄る。腹がすいてて、鯖寿司の看板に惹かれて、食べる。妻は好きじゃないので、尋ねたが一切れも食べず。ついでに、積極的に集めているわけではない、ドラえもんのスタンプラリーも押しておく。

 鯖江ICで降りる。寝てる妻は、特に希望もないということなので、早速最初の目的地西雲寺を目指す。ちょっと道を間違えついでに二号を発見、喜ぶ。
http://postmap.org/map/418369

 西雲寺、思ったよりも田舎で雰囲気がいい。観光客はちらほら。参道で、地元のおばさん達が葉寿司とおはぎを売っており、勧められるが、後にする。
 山門に、「西雲寺のシダレザクラ」のスタンプを押す。なぜか、お金が供えられている。
 桜より先に、一応本堂に参拝。シダレザクラ、大きなものが二本、小さいのが一本。いずれにしても見事。他に目立つのは、放し飼いの鶏。
 庫裏を訪ねる。応対して頂いた男性、朱印はやっていないと。院号があるか尋ねると鐘を見てみてくれとのこと、ちらっと、住職でも知らないだろうとおっしゃってたので、住職ではないようだ。
 桜を見ながら、葉寿司とおはぎを買って食べる。お茶も境内に用意されているのでありがたく頂く。広くない境内だが、他の観光客も弁当を食べたりしている。
 鐘にはおっしゃる通り、院号があった。

 偶然近くに蕎麦屋を見つける。普通の店というより、公的な機関がやっているような雰囲気。思ったより狭く、相席も覚悟していたのだが、離れに広い座敷があり、そちらを用意してくれた。店員さん、非常に気を使ってくれ、ヒーターをいれてくれる。
 メニューがないので訪ねると、しし鍋定食はどうかと。それでもよかったのだが、そばを目的に入ったので二人ともおろしそばにする。ただし、辛い大根おろしが苦手な妻はおろし抜きで。
 山芋を使っているのか、ぬるっとして弾力がある感じ。あっというまに食べる。そば湯も濃くて美味しい。漬物、わさび漬けというのか、大変辛かった。当然、私しか食べられなかった。
 私は割と満足できたが、妻は量の面で不満そうだ。

 古い地図を見てるので迷いながらも、これまでも何度か行ったことのある、足羽山へ。ちょうど混む時期なので、麓の有料駐車場に置いている人が多い。諦めず、上っていくと、運よく只で停められた。新潟ナンバーと、交通整理のおじさん、ありがとうございます。
 足羽神社。私は三度目。シダレザクラ、満開の姿を見るのは初めて。これは、この時期に来ないと、足羽神社に来たことにならないというほど、見事。火傷を負っているのにすごい生命力。
 「足羽神社のシダレザクラ」のスタンプを押す。私は既に頂いたことがあるので、妻のみ朱印を頂いて、拝殿へ参拝。そういえば、この新しい拝殿は初めて見るかも。前回は工事中だった気がする。
 本当は、続けて足羽山招魂社へも行きたかった。前回、朱印が貰えそうだったが、無人でもらえなかったため、今日くらいだと貰えるかもと期待したのだが、妻によって却下。

 足羽山を降りてすぐ、安養寺。狭い境内、なかなか古い雰囲気の寺。京都御所の桜から取ったということで、御所桜とも呼ばれている。
 本堂前で「安養寺のシダレザクラ」のスタンプを押す。次に本堂に参拝、庫裏へ。対応して頂いた女性、非常に丁寧に。住職が今居ないから朱印はかけないが、普段ならできると。謝られる。山号、院号、教えてくれる。ついでに、境内に違う名前の寺があるようなので、なんなのかと尋ねると、元は別の寺だったのだが、由緒ある寺、仏像があるのに、荒廃し、廃寺の危機になったので、招いたというようなことだった。さらに、その山号を訪ねると、思い出せないらしく、額がかかげてあるからと外へ出て確認して頂いた。色々しつこく尋ねて申し訳ないが、私などでは、崩してある額の字は読めなかったため。
 肝心の桜について。例年、四月八日頃に満開になるとのことで、昨日は行事があったそうだ。今日はちょっと満開を過ぎて散り始めとのこと。確かに桜吹雪がすごかった。また来年、その日に来ますと。うちの子を可愛がって頂いて、歩けるようになるともっと大変ですよと言われる。

 というわけで、安養寺にある寺、東雲寺にも参拝。そもそも、車はこの寺の真正面に停めている。大変立派で大きな御本尊があり、安養寺さんにより、ちゃんと中に入って参拝できるようにしてもらっている。世の中には、由緒もあって立派な本尊もあっても、荒廃していく寺もたくさんあるんで、この寺はは良い所に落ち着けたなーと思う。

 スタンプラリー、残り二か所は明日以降へ。妻が行きたいと、前回福井入りした時に行っていた、チーズケーキの店が近いので行ってやる。
 cafe点。駐車場がないので、私は外で待ち。狭い店内で、雑誌に載ったチーズケーキが特に沢山量産されていたとのこと。チーズケーキはとりあえず、あとで。シュークリームを買ってきてたので、半分食べる。クリームが独特。私は嫌いではない。

  中途半端に時間が余ってるので、すぐ近くにあるヨーロッパ軒の本店へ、久しぶりに行くことにする。駐車場がないので、車で訪れるのは初、というのは、近くのコインパーキングの、コインが貰えるということが、ガイドブックに書いてあったのを見つけたため。
 内装がちょっと変わった気がする。メニューも。3種盛スペシャルカツ丼を大盛り、いつものように、ご飯にソースかけないようにと頼む。子連れなので、座敷の席も用意できますがと勧められるが、寝て大人しくしてたので、遠慮しておく。何も言わないでも子供皿を持ってきてくれる。
 美味しかった。満足。駐車場コインも無事貰って無料。たった100円だったが。

 宿に行く前にスーパーへ。駐車場のある大きなスーパーの心当たりはただ一つ。幼い頃よく連れて行かれたところへ。昔はオレンジという名前だったが今は変わっていた。飲み物や、ビール程度の買物のつもりが、刺身が美味しそうだったので、買ってしまう。

 宿へ。ずっと以前、福井城の周りを一周した時に、インパクトがあるホテルがあるなあと思っていたホテル、ホテルフクイキャッスル。街中なので、駐車料金がとられる。一泊三百円ではあるが、この、街中だとホテルが駐車料金を課するシステムが納得できない。が、宿泊料金は今回ポイントで全額支払ってるので只みたいなもの。外観は正直、年季が入っていて心配したが、中は綺麗だった。広めのシングルの部屋に、エキストラベッドを入れてのツイン。充分。
 最上階、七階。残念ながら、城側ではないが、福井市街を見渡せる。やっぱり、福井は高い建物がないなあ、と。
 大浴場で風呂、刺身、日本酒。チーズケーキも少しわけてもらったが、味は覚えていない。いつのまにか寝る。
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close