愛知県名古屋市中区~北区~江南市。

ブログ | 2009/1/11 23:59
 初心に戻って日記を素早く書きなぐって寝る。

2009/01/11
 今日の主目的は久しぶりの面子との新年会。当初は休日ではなかったのだが、なんとか休みを変更し、一日休みになった。新年会は夕方から。午前中は空いている。会場は江南。名古屋は必ず通る。名古屋駅行くんだったら、なんかしたいことなかったっけ?と思いだした、松坂屋美術館で三国志展をやっている、それを見たかった。のを思い出したので、一日休みに変更してもらった。

 なんとか朝七時半には家を出る。なんか辺りが雪景色になってる。気合をいれて防寒、だが、電車に乗ってしばらくしたら、全く積もってないことに気づく。

 名古屋駅、地下鉄へ乗り換える際に、久しぶりに地下の吉野家へ行く気になる。昔、通勤時にたまに寄った。相変わらず狭い。黙々とみんなが食べている。豚丼を頼もうとしたが、どうみてもメニューにない。仕方なく、牛丼を。食べてる最中、他の客が、豚丼を頼んでいたが、当店は牛丼専門店なのでと断られていた。会計時、スタンプカードをもらう。六杯で一杯無料ってのは、今までのキャンペーンからすると率が悪い気がするが、十杯でのオリジナル丼は惹かれた。三月くらいまで、東海や北陸の吉野家限定キャンペーンのようだ。

 きっぷ売り場、ドニチきっぷとかいうのをえらく宣伝して、臨時窓口みたいにして売っている。600円で市バス地下鉄乗り放題。美術館見終わって、大曽根駅15:30まで時間があるだろう、そうなると、地下鉄に自由に乗れた方が都合がよかろうということで、買ってやることにする。二千円札を出したら、想定外で、しまうスペースがないからかまごついていた。

 栄、一日券なので矢場町までわざわざ乗り換える。10時過ぎ、松坂屋美術館につく。当初、松坂屋美術館って名古屋駅にあると思ってたのが、栄で面倒。前日ようやく知った。
 老若男女。文字通り。ゲームとかの影響もあるのか、若い女性も。アニメか?よくわからない。杖をついてる人も多い。というか、かなり予想に反して、人が多かった。あんまり宣伝してない感じだったので、すいているだろうと思っていたが甘かった。とにかく、プリントアウトした割引チケットを出して800円で入場、すぐさま、音声ガイド500円を。
 最初は三国志関連の美術品展示。じっくり見たいのだが、混んでるのであまりのんびりともしてられない。解説もいろいろあるんだが、超初歩的というか、普通に三国志を知っている人には物足りないというか、目新しい解説がないのは拍子抜けした。まあ、美術品てのは有名武将、有名シーンをモチーフにするから仕方ないか。
 次、現地で発掘されたもの。これはかなり良かった。よく1800年前のものが出てくるもんだ。国家一級品という主張がされている展示品が多かった。日本でいう重要文化財なんだろうか?とにかく、これは良かった。かなり見る価値あり。
 あと、壁に展示されている現地の写真もなかなか目にする機会がないもんなので良い。白帝城の写真は割合見るが、あんなに山の上にあって、広いとは思わなかった。
 五丈原の模型、現地の映像もかなり良かった。五丈原の地形、わかってる人って本当に少ないのでは。すごくわかりやすかった。
 展示最後の方は三国志文化が吉川英治、横山光輝、ガンダム?のように新しく大衆に受け継がれてるというような感じの締めだった。吉川英治の原稿もおおっと見入ったが、横山光輝の原稿、武将のカラーの絵、これは十何年ぶりに密かに感動。
 買い物コーナーでは図録以外に横山光輝関連のグッズを思わず買ってしまった。いや、買うべき。他は、五丈原と定軍山の絵ハガキ、というか、写真を五枚組で売っていた。客はあまりついてなかったが、惹かれて手にとろうとすると、男性店員、これは実際このために現地に行って撮ってきたんですよと。商売っ気があるっていうよりは、本当に好きで行って苦労していってきましたって感じだった。五丈原の現在の様子、やや観光地化されかけてきていることや、私は五丈原は外国人が入れないと思い込んでいたので、そのことを問うと今は入られるとのこと。定軍山はさすがに観光客はなかなか来ないなどなど、貴重な話を聞けた。で、当然買う。
 思っていたよりは規模が小さかったので、13時くらいには終了。

 昼食。吉野家を検索、松坂屋のすぐ西にあることを調べた。いく。やや並んでいる。ちょっと洒落た感じの店舗になっていて、若い女性やファミリーを意識している感じだ。別にせんでいいのに。無事に豚丼、スタンプ二つ目をもらう。

 待ち合わせまでまだ時間があるが、とりあえず地下鉄で移動する。コロプラのお土産でも買いに行こう。名古屋港行ってみようかと思ったが、「ふじ」は2000プラもするようでとても手に負えない。大人しく名城公園で下車、位置登録をするとなぜか大曽根駅になる。「CDのマークのキャップ」を数十個購入。地上に出て名古屋城の置物を数個買う。

 まだ時間があるんで、八事日赤駅へ。地上で「マウンテンの甘口抹茶小倉スパ」を数個買う。14時半くらい。このときはまだ、待ち合わせ時間が15時だと勘違いしていた。なぜか。

 ちょうど15時くらいに大曽根駅着、だが、実は15時半が待ち合わせ時間と気付いたので、まだ時間がある。暫く地下鉄に乗り続けてプラを稼いでもいいが、あんまりそういうこともしたくないんで、とりあえず大曽根駅改札を過ぎる。周りに何かないかとみると、山田天満宮なるものがある。しかも、出口案内で山田天満宮はこちらというようになっている。これは意外と有名なのでは?と、期待しつつ行ってみる。

 すぐ着く。以前はよく付近を車で通ったが、こんなところに、こんな神社があるとは全く知らなかった。で、そんなに広くない神社なのだが、駐車場に入りきらないくらいの参拝客、駐車場整理の人などがいる。びっくり。御守売り場も人がいっぱい、なかなか朱印が頼めなかったが立派な朱印を書いて頂き、交通安全お守りも手に入れた。受験生とその親なんだなとようやく気づく。急いで本殿、摂社などを参拝、写真を撮る。

 15:30、待ち合わせ場所に着く。友人は遅れるとメール。暫く待って車で登場、乗せてもらい、私の他に二人拾う。計四人で鍋材料を買い物し、江南の友人宅、会場へ。

 18時頃着。一番の変化は子供がいたこと。この前忘年会か新年会で来たのはいつだったか、一昨年なのか、それより前なのか。そんな感じで、食材を切ったり鍋を作ったり、人任せにし、私はただ撮るだけ。飲むだけ、食べるだけ。で、あっという間に21時、あまり遅くまで居るわけには行かないので帰る。食材費、六人でわったら一人当たり八百円超、安すぎる。安すぎてびっくり。往復交通費のが遥かに高い。

 21時、江南駅へ送ってもらい、皆と別れて帰る。23時過ぎに無事に帰宅。

 メインというわりには、新年会の記述があっさりしているのは勘弁して頂こう。メンバーへ。寝よう。
ああ、松坂屋の三国志展わしも行きましたよ。
なんか人が多すぎでゆっくりと見れなかったのが不満。
もっと不満なのは超初心者用の解説だったこと。面白くないねえ。
出土の剣とか五丈原ジオラマはよかったね。感想一緒。
いかり | 2009/01/13 19:52
ITIKAWA
題材からして、資料館に行っている気になってしまうのかもしれません。美術品の説明であれば、簡略にしたほうがいいんで、あんなものなのかも。
まあ、目的は三国志の知識をより深めてもらうってものではないでしょうからね。肩透かしはくらったものの仕方ないです。
それにしても、五丈原はよかったです。(笑)他の主戦場のジオラマ復元をやってほしいですね。
いちかわ | 2009/01/22 10:23
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close