家紋(丸に三つ引き)

写真 | 2011/10/28 10:22
長野出身で姓も違いますが、うちの家紋と同じです。
うちの家系図は恐らく父方の伯父の家にあるかと思いますが
私はまだ見せてもらっておりません。
ネットで検索しておりましたが、無骨な武家紋だそうです^^;
http://www.ippongi.com/2009/01/09/hikiryou/
うちは恐らく信州の佐久間関係ではないかと思います。
つながりがあるかは分かりませんが、同じ家紋ということでコメントしてみました。
武士の子孫らしいです | 2012/04/30 17:39
ITIKAWA-KAKEIZU
コメントありがとうございます。大変嬉しいです。

家紋は単純なものほど、歴史が古いとはどこかで見た気がします。幼い頃は、単純すぎて詰まらないなあと思っていたものの、現在では誇らしさすら感じています。(笑)

信州の佐久間関係と言えば、先日、長野の象山神社へ行った折、神社の紋がうちと同じだ!と驚いた記憶があります。きっとそちらの御関連なのでしょうね。(^^)

家系調査は早ければ早いほど良いようなので、ご興味がおありでしたら、ぜひ伯父様の家系図ご覧になって下さいね。(^^)
市川 | 2012/05/11 10:26
私の家は栃木県の足利市ですがやはり同じ紋所です。私が聞いた話ではこの紋は戦の時に後ろに横断幕を張りましたが(白と黒の)それが後日紋になったと聞いています。ちなみに私の家は関西から来たと聞いています。源氏だそうです。
田中 | 2012/10/06 14:50
ITIKAWA-KAKEIZU
田中さん。
コメントありがとうございます。やはりこの紋は戦国時代から続く由緒ある紋のようですね。(笑)
「関西から来た源氏」と伝わっているのは大変貴重な情報ですね。そうそういうのが伝わっているということは大変羨ましいです。(^^)
市川 | 編集回数: 1 | 2012/10/10 15:10
私も田中で、家の家紋は同じものです。現在は北海道在住ですが幼い頃、祖父から信州の武士だったと聞いたことがあります。お殿様の言うことを記録する仕事をしていたと言っていたのを覚えています。曽祖父は幕末に2歳だった祖父と家族を連れて北海道に居住したとのことです。
田中 | 2012/10/14 07:09
ITIKAWA-KAKEIZU
北海道の田中さん。
コメントありがとうございます。この紋は信州とつながりが深いんでしょうか?足利の田中さんとは姓も家紋も同じということで、どこかで繋がってるかもしれませんね!(^^

私の祖先の家族でも、北海道へ渡ったような記録がいくつかあります。当時、日本中から北海道へ希望をもって行かれてるんだなあと感動します。

興味をお持ちになられたら、ぜひ戸籍を取得しておくことをおすすめします~。
市川 | 2012/10/15 00:55
私の家も同じ家紋です。姓は太田。明治生まれの今はなき祖父が幼い頃香川県高松市一番町に住んでいたと言っていました。
真相は定かではありませんが武家だったそうです。
どこまで御先祖様をたどって行けるのか最近興味が湧いてきました。
太田 | 2012/10/30 22:35
ITIKAWA-KAKEIZU
太田さん。
コメントありがとうございます。姓は違えど同じ家紋というのは親近感がわくものですね。(^^)やはり武家ですか。そういう伝承があるというのはいいですねー。

私も最初はちょっとした興味でした。まさか、戸籍をとるようになって、さらに真剣に、どっぷりはまるとは思ってませんでした。(笑)でも、後悔はしてません。是非、戸籍をおとりになって下さい。予想以上に自分のご先祖様を辿れて感動することまちがいなしです!…多分。(笑)
市川 | 2012/11/01 03:39
先日、映画『のぼうの城』を観ました。
のぼう様の家紋が、これでした。

同じ家紋の私の母は、東京都中野区生まれで。
武笠(ムカサ)という、ご立派な名字。

しかしながら代々、造り酒屋の商人だったとのことです。

どうぞ、どのような結果におきましても、幸せでありますように。
匿名 | 2012/11/09 23:04
ITIKAWA-KAKEIZU
匿名さん。
コメントありがとうございます。少し調べてみましたところ(wikipedia程度ですが)、のぼう様こと成田長親の成田氏は、竪三つ引両ということで、この丸に三つ引きを縦にしたもののようです。映画の方ではこっちなんでしょうかね?(^^

武笠さんとはあまり聞きなれない、ご立派な姓ですね。代々ということからも古いお家柄なのでしょうねー。

また何かありましたらなんでもお気軽にご投稿下さい。(^^
市川 | 2012/12/13 12:14
我が家も同じ家紋です。姓は中島です。我が家は聞き伝わる話では、関ヶ原の戦いが終わって、今の神奈川県海老名市に住むようになったそうです。本当かどうか疑問ですが、最初にここに来た源太左エ門(この名前が怪しい)さんは武家の方だと聞いております。ちなみに海老名には市川の姓をもつ方が多くおります。すぐ近所の方も市川の姓の方です。
中島 | 2012/12/19 16:59
同じ家紋です。姓は太田。祖父が香川県高松市四番丁に住んでいた記録が残っています。先祖のことを調べていますが、どうも江戸時代に藩主が赴任する際に、下館(茨城県)から移ってきたようなので、元は関東の武士だったのではないかと推測しています。なぜこの家紋なのかは、調べていますが、よくわかりません。
太田 | 2012/12/28 20:57
太田様
10月30日にコメントした太田です。
驚きました。同じ家紋、同じ名字、共に近い御先祖様が高松藩ゆかりの方である事。
共通の御先祖様の可能性もありますね。
太田 | 2012/12/31 17:09
色々調べていたらここへ辿り着きまして、気になったので参考までに。
神奈川は伊勢原市にあります「三ノ宮比々多神社」の神社の社紋が同じ「丸に三つ引」です。
なぜ、いつから、その社紋になったのかが私自身わかっていないのでご説明できず、なんの参考にもならないかもしれませんが…
ちなみに既出の「象山神社」の社紋は「丸の"内に"三つ引」という社紋なので、また別のもののようです。
比々多神社 | 2013/01/04 21:39
大河ドラマ「八重の桜」で奥田瑛二が演じている佐久間象山も、この紋付きの裃を着用してますね。
私の父方の父の姓が中島、父の母方姓が志村。どちらか忘れましたが、丸に三つ引きの家紋です。
浪人だったと聞いていますが、その先のルーツは不明です。
八重の桜観てます | 2013/01/14 16:44
うちも同じ家紋です。
名前は佐々木と申します。
滋賀県の武家の流れと聞いてます。
今は京都で100年続く蒔絵師を家業として営んでます。
曽祖父は佐々木徳斎です。
皆さんともしかしたらDNAが繋がってると考えたら面白いですね。
佐々木徳斎 | 2013/01/26 19:00
ITIKAWA-KAKEIZU
ここのところ有難いことにたくさんコメントを頂きながら、気付いていませんでした。申し訳ありません。

>中島さん
やはり武家なんですね。関ヶ原の戦いからの伝承が残っているとは凄いですね。市川姓の元々は、山梨の方と何かで見たことがあります。海老名にも多いんですね。知りませんでした。

>四番丁の太田さん
最初は以前に書き込みを頂いた、一番丁の太田さんかなと思いました!一番丁の太田さんとはとても近いご先祖様がいらっしゃるようですね。折角の出会いですから、どうかまたこちらにいらっしゃいましたら、連絡掲示板として使って下さい。

>一番丁の太田さん
どうぞ、遠慮なく連絡掲示板としてコメントを残して下さい!共通の御先祖様の可能性高そうですね!

>比々多神社さん
ご教示ありがとうございます。いずれそちらへお参りさせて頂きますね!象山神社は、内なんですか。全然違いに気付いていませんでした。^^;

>八重の桜観てますさん
私は観てないのでわからないんですが、佐久間象山が出てるんですねー。中島さんは、こちらにもいらっしゃってますね。やはり共通の御先祖様がいらっしゃるかもしれませんね(^^

>佐々木徳斎さん
100年続く蒔絵師とは!いろんな方とこうやって繋がれたようでとても嬉しいです。
市川 | 2013/02/04 11:34
私の家紋も同紋で、同じく先祖探しをしています。
家紋からはいきなり先祖を推測するのは難しいと思います。
初歩として、次の3つは欠かせません。

1 祖父母時代のお寺さんの過去帳を調べる。
2 先祖の墓を調べる。
3 直系の戸籍謄本を遡って請求する。

「丸に三つ引き」家紋は、引両紋といって武士に典型的な家紋だとされています。
「丸に二つ引き」は足利将軍家ですが、家臣が家紋を賜るときに、
主家に遠慮して、足利の場合だと一本足して「丸に三つ引き」にする場合があるようです。
また、武士の場合、替え紋としてもう一つの家紋を持つ場合もあります。

「丸に三つ引き」の代表的な武士は、三浦半島に勢力を誇った三浦氏です。
尚、江戸期後半の下級武士の家紋はいい加減な場合があるようです。
いずれにしても、前記の基本的な調査の後に、
先祖の出自の伝承か、遡れるところまで遡った先祖の居住地を手がかりに、
姓の分布を調べるのがよいと思います。

http://www2.nipponsoft.co.jp/bldoko/index.asp
このサイトは姓の分布を調査するのに大変ありがたい。
小河 | 2013/02/13 14:05
追記
足利家を支えた武士団に一色党というのがありまして、
その家臣に「市河九郎入道」、「市河五郎右衛門」の名があります。
(古文書は「河」と「河」を区別している場合と、混同している場合があるので
注意が必要。私の場合も同様です)
この一色党は強大な水軍を持ち伊勢湾・若狭湾の海上を支配していたようです。
その一部は伊予に土着しています。

三重県の「市川」は四日市市と鈴鹿市に集中しており、
一族はかなり古くから同地に土着していたのは間違いないでしょう。
一般的に「市川氏」の源流は甲斐国のようですが、
三重県に分派した事情を探るのもヒントになるでしょう。
小河 | 2013/02/13 15:02
実家は埼玉の秩父地方ですが、近所の町田姓は皆こちらの紋です。
旧姓町田 | 2013/02/23 00:00
家も同じ家紋です
名前は、三浦です昔、曾祖父から聞いた話しては
三浦半島に住んでいたとか、
半島の実家には代々大切してきた家宝あるそうです、
匿名 | 2013/03/16 21:45
三浦半島を支配した三浦一族は「丸に三つ引き」引両紋で、この家紋です。
お名前を存じませんが、三浦姓でなければ、家臣として家紋を賜った可能性が大いにあります。
三浦族の家臣団名簿(分限帳、家中、侍帳などと言う)を調査すると、先祖にたどり着けるかもしれません。
小河 | 2013/03/22 05:44
私は長野県の飯山市に住むものですが、家と同じ家紋です。
小林 | 2013/03/31 23:50
3月22日書き込みしたものです、
この前曾祖父の実家に行き、
蔵をあさってたら刀が出てきました。
一つ目は丸に三つ引き
あと
匿名 | 2013/04/04 06:51
↑の続きです。
調べたら北条家の家紋と徳川家の家紋入った、
刀が出てきました
本物かは分かりませんけど
何かかかわり合いがあるのですか?
教えて下さい。
三浦 | 2013/04/04 06:56
鎌倉出身の和田ですが、先祖は名が知れた武士と聞いてますよ。
歴史に詳しい方が私の家紋を見た際、有名な家紋だね!と言ってました。
匿名 | 2013/04/12 17:14
12月28日に書き込みをした四番丁の太田です。(明治の戸籍には4番町でなく、4番丁と記されていました。)1番丁の太田さんとは、たぶん先祖でつながっていると思います。元の先祖は現在の茨城から主君と共に高松に来たのではないでしょうか。9番丁にも太田さんがいたようです。この家紋は関東にいるときのものではないかと思っています。
太田 | 2013/04/13 00:11
ITIKAWA-KAKEIZU
すみません、こちらの方にコメントこんなにたくさん頂いてるとは気付きませんでした。家紋を載せてるだけのページなんですが、検索で結構ヒットするんでしょうか。ありがとうございます。

>小河さん
 度々書き込んで下さりありがとうございました。また、先祖探しのアドバイスありがとうございます。

1 祖父母時代のお寺さんの過去帳を調べる。
父方のご住職に最近お聞きできたのですが、本家の位牌にある以上の情報は出てこないそうです。それでも、言えば見てはくれるかもしれないんですし、見てあげようかってくらいに言って下さるんですが、とても多忙な方なので(この地域最大級の檀家を持ち、土日は法事でいっぱい、平日は大学で講義、ゼミ生も指導しつつ、大学病院では倫理のなんかの委員やってて、合間に何かしら原稿も依頼されるとか)、本当に手詰まりになった時に相談することにしたいと思っています。。

2 先祖の墓を調べる。
これはできる限りやってます。傍系も。墓参りする墓が随分増えました。

3 直系の戸籍謄本を遡って請求する。
これは最近、傍系の方の戸籍も委任状で請求できています。

> 「丸に三つ引き」の代表的な武士は、三浦半島に勢力を誇った三浦氏です。
 隣の集落にある、「覚通寺」というのは、足利時代の家臣である三浦氏が開基になっているそうで、この辺りでも有数の古い寺院らしいです。ただ、その寺院周りの集落に市川はおりません。^^;

水軍からの分布ですか。なるほど、知りませんでした。面白いです。

姓の分布サイト、大変興味深いです。ありがとうございました!市川は全国に居ますが、祖先の一人、多湖氏はほとんど三重県に集中しているっていうのはとても興味深かったです。

またお気軽に書き込み&ご教示下さい。
市川 | 2013/04/17 20:59
ITIKAWA-KAKEIZU
>旧姓町田さん、小林さん、和田さん
書き込み、情報ありがとうございます!

>三浦さん
実際に家宝がでてきたとはすごいですね!教育委員会かどこかに持っていけばわかるんでしょうか??

>太田さん
再度のお越しありがとうございます。同じ祖先を(多分)もつ太田さん同士が家系に興味をもたれるってすごいことですよね!どうぞ今後もお越しください。
市川 | 2013/04/17 21:06
1番丁太田です。4番丁の太田様情報ありがとうございます。そうですか茨城ですか。
匿名 | 2013/04/21 21:32
こんにちは。関西在住の者です。

私も父方の姓が田中で、家紋が丸に三つ引きです。
あまり詳しく書けませんが、先祖は清和源氏・新田氏支流の大名A氏の家臣で、祖父の父親(江戸末期)までが武家でした。
父まではA氏の最後の所領地が出身地ですが、終戦後に一家で出身地を離れましたので、私は別の生まれです。

ちなみに祖父の母親(江戸末期)の旧姓は太田です。
こちらも同じく元・A氏の武家のようですが、残念ながら家紋は分かりません。

同じ姓や家紋の方々が、各地におられるとは実に興味深いです。
皆様のコメントを読んでワクワクしてしまい、少しお邪魔させて頂きました。
関西人の田中 | 2013/04/22 21:13
お邪魔します。ルーツを探っているものです。当家も丸に三つ引き両です。
姓は岩手県の老林です。言い伝えでは大井林から変化したそうです。相模三浦郷の系統だそうです。
伊達藩領金ヶ崎城主大町氏に遣えたそうです。その後廃藩置県によって番所の要職を賜ったそうな。
老林 | 2013/06/04 13:55
はじめまして。岩手の大川原と申します。当家も丸に三つ引き両。皆様の書き込み、参考にさせて頂いております。当家は明治以前の記録が曖昧になっております。
大川原 | 2013/06/10 06:18
はじめまして。東京の成谷と申します。同じ家紋です。母の実家である和田家(東京)も同じ家紋なので、調べていました。成谷家は愛媛県の河之内というところが発祥で、壇ノ浦で敗れた平家の落人ときいています。母の方はよくわかりません。もっと先祖の話をきいておけばよかったです。
成谷 | 2013/06/11 19:52
当家のご先祖は山内上杉家に仕えた三番槍の大将と聞いています、また武蔵七党の西党に属して北条と上杉と二つに別れた平山氏ではないかと思うのですが、鷹羽の家紋ではなく、丸に三引き両なので疑問もありますが?
平山 | 2013/06/20 01:18
 昔、小生が小学校の時、担任が各家庭の家紋を調べてくるという授業がありました。私の祖先は上州(群馬県)沼田の出身です。そう報告すると先生は「新田 義貞」と関係があるよ?との事。その頃ことを急に思い出しました。
上州人の子孫 | 2013/06/27 11:06
香川県の谷本です。我が家の仏壇の裏に昔から
鎗があります。先祖から、あるそうですが、武士かどうかは分かりません。
只、地元では地主だったみたいです。『丸の内に三つ引き』の家紋が、全国にあり、
我が家もそうですが、由来は分かりません。
匿名 | 2013/07/15 21:32
兵庫県の林です。
昔祖母の家に大量の日本刀があったという話と、第一次源平合戦で落ち延びた
源氏の子孫という話を聞いています。
匿名 | 2013/08/31 21:02
ちなみにのぼうの城に出てくる家紋は、丸の内に三つ引なのではないでしょうか?
田中 | 2013/08/31 22:21
初めまして。
私の母方の家紋が丸に三つ引き両です。
母方の出身は福岡県久留米市になります。

因みに、上の書き込みにあった姓の分配では同じ姓は全国に5名しかいないらしく驚きました(笑)
珍しいとはよく言われるので、珍しいのだとは思ってはいましたが…まさかの5人!?(笑)
流石にそこまでは少なくないとは思いますが(((^^;)

私が聞いて解っているのは、私の曾祖父は赤線の元締めだったそうです。
あとは、私の祖父達が丸に三つ引き両と姓の入った古墳?を見つけたらしく、新聞に載ったらしい当時の切り抜きは在りますが、特に他はなく私としてはルーツを探りたいけれど、親戚付き合いも無いため気になるけれど分からない事が多く謎は深まるばかり…同じ家紋の方がこんなにいらっしゃるのは、個人的には少し嬉しく思えました(*^^*)
きっと何かしら縁のある方達なんですね♪
月貫 | 2013/09/10 03:31
我が家の家紋が丸に三つ引きと,今日初めて知った者です。
東京都町田市生まれの父親を持つ「島崎」姓です。
http://hobby.life.coocan.jp/bkmts/kondousyu1.htm
のように,近藤勇の養父が元は島崎姓で,家紋は丸に三つ引きのようで,町田市小山町界隈にはこの家紋を持つ島崎家がたくさんあるようです。
元を辿れば,小田原北条市の家臣の島崎二郎という人物に当たるようです。
匿名 | 2013/09/29 23:30
ITIKAWA-KAKEIZU
どうもこんなにたくさんコメントを頂いていたのを気付かず申し訳ありません。ここにいらっしゃった皆様も多分同様かとは存じますが、御先祖探しも、年がら年中やっているわけにもいかず、熱して冷めての繰り返しです。(^^;

全国で全く接点のないかと思ってた方々が、同じ家紋ということだけでも集えるというのはいいですね。今後も遠慮なく情報交換にお使い下さい。

まとめてご返信させて頂く非礼をお許し下さい。

追記

あと、このページは家紋を貼ってるだけのページなので、お時間ありましたら、どうぞ家系図ページや本文ページもご覧になって下さいね。(笑)ひょっとしたら、共通の御先祖様がいらっしゃるかもしれません!(^^)

http://www.rottel.net/ITIKAWA-KAKEIZU/134281
市川 | 編集回数: 1 | 2013/10/23 13:44
初めまして

鳥取県の森岡と申します

鳥取県でも豪雪地帯に入る山奥に住むものですが

うちの家紋も丸に三つ引きなんです

それでも鳥取県とも関係があるのでしょうか?
森岡 | 2013/10/25 21:12
初めまして

私は上野ですが、山形県米沢市にある西蓮寺と上野家は400年の歴史があることを最近亡くなった祖父の葬儀で知りました。94歳でした。
西蓮寺は元は新潟にあり、お寺と共に祖先は移住し、上杉家、米沢藩に使える武家だったそうです。
西蓮寺にある本家、分家の墓は共に家紋が丸に三つ引きでした。

上野 | 2013/11/10 11:41
愛知県の尾張地方に住んでる
佐久間です(笑)

うちの父の実家にこの家紋が飾ってありますよ♪
佐久間さん | 2013/12/16 22:29
こんばんは
もともとは栃木県芳賀郡の出です。中世の益子氏は三つ巴だったそうなので、うちのは先祖が勝手につけたんじゃないかと(汗;)
益子 | 2014/01/07 20:07
はじめまして
千葉の白子町に割と多い、大多和です。
同じ家紋の丸に三つ引き両です。ご先祖は三浦義明氏の三男、三郎義久さんと聞いています。
いつから今の地域にいるのかは分かりません。(^_^;)
ご存知の方がおられましたら、是非ご教示下さいませ。
大多和 | 2014/01/09 01:58
はじめまして。私は山形で鹿野です。同じく丸に3本線。最上義光は丸に二本線です。
武士だったらしいです。
山形さん | 2014/01/12 02:38
はじめまして。私は大分の和田と申します。うちの家紋も、この家紋だとつい最近知りました。うちは祖父の代からは
分家ですが、昔の祖先は大分の飛び地の肥後細川藩の藩士だったそうです。侍帳でも細川藩には和田という姓が多いので、細川の殿様の人事異動で、本州から九州まで家来としてついてきたんだと思います。
この家紋が、三浦半島の和田義盛の支流、庶流の関係というのも、何かのご縁かなと思います。私の姓も和田ですから、なんか奇遇だなと思います。
和田さん | 2014/01/23 12:38
ウチの父が「のぼうの城」をTVで見て「成田氏って家紋がウチと一緒だから先祖かもしれんなー」と言ってました。
ちなみに、ウチは三浦で、祖父は宮城の出身。先祖は三浦義明だとか伊達家に仕えてたとかいないとか聞きましたが
ちゃんと調べてないので本当の事はわかりません。
三浦なのかな? | 2014/01/27 21:16
はじめまして。山梨に住む若尾と申します。我が家の家紋も丸に三つ引です。
若尾という苗字は武田家から分岐していまして、武田信玄の五代か六代前に武田信長という人がおりまして、その子供の一人が若尾部落の祖と言われており若尾を名乗りだしました。
一説には武田の里の端の丘の下を預かったのでで丘尾から若尾と名乗ったのではと言われています。
今でもそこの地名を韮崎市若尾と呼んでいますが、現在そこには若尾家は一軒もありません。
我が家はこの隣部落でして、我が家と隣の家の二軒が若尾いう苗字です。
我が家はひい爺さんがそこから十五代前の戦国時代まで家計を調べて繋がりが解っています。
もう一軒同じ家紋の家が隣にあり、今は小野を名乗っていますが先祖は若尾を名乗っていたそうです。
若尾部落の若尾なにがしさんが武田信玄時代に岐阜まで一緒に進軍しそこで功績を上げたので岐阜の根本城を授かりそこで繁栄したそうで、今でも根本城の麓には若尾さんが多いですし、ここが岐阜愛知の若尾の祖となっています。
  ただ根本城近くの若尾さんの家紋は丸に三つ引きではありませんでした。
若尾 | 2014/01/30 19:58
はじめまして。
横浜に住む佐久間です。家紋は丸に三ツ引。
祖先かどうかはしりませんが、佐久間象山さんと一緒で、どうも父方のルーツは千葉にありそうです。
家紋については色々と聞いてきましたが、どうも有力なのは三浦氏からのもの。しかも三浦水軍にルーツがあると聞いています。

ちなみに偶然にも母方の家紋も丸に三ツ引。姓は大宮ですが、こちらは長野にルーツがありそうです。

ちなみに遠山の金さんも同じ家紋でしたね。
匿名 | 2014/02/21 15:26
青森(弘前)に住む三浦といいます。うちも丸に三つ引きで、子供のころ三浦の三かとがっかりしたものです。
でも、先祖は戊辰戦争(函館戦争)で津軽藩の武士として討ち死にし、殿様が墓を建ててくれたとのこと?墓石の脇には何やら書いています。
mie9404 | 2014/02/28 17:05
我が家の家紋も同じです。名字は和田で、山形県鶴岡市にあった庄内藩の武家でしたが、元はやはり神奈川三浦半島の三浦氏一族だそうです。
匿名 | 2014/03/10 13:11
失礼します!我が家も同じ家紋です。名字は和田です。千葉県の近くで先祖様が暮らしていたのですが、探すのは難しいですね。
匿名 | 2014/03/14 00:36
東京在住の佐久間です。長男家系で江戸時代の旗本まではわかっています。同じ家紋です
東京在住佐久間 | 2014/04/04 19:24
兵庫県に住む中地といいますが、うちの父方の家紋が丸に三つ引きです。祖父は香川県の小豆島に住んでいました。ご先祖は武士だったと聞いたことがありますが家系図もありません。一度調べてみたくなりました!
中地 | 2014/04/20 18:01
千葉に住む三浦と言います。。うちの家紋も同じ、ものです。家系的には佐竹氏の配下で秋田で武士だったそうです。。全国に同じ家紋の方がこんなにいることに驚きです。
三浦 | 2014/06/08 20:16
三崎在住出口です
丸に三引き両。丸の内に三引き両紋。よく似ていて間違えやすい紋です。
せんぞは    


でぐち | 2014/07/09 20:02
先祖は丸の内に三つ引き両。新しく建てたお墓が丸に三つ引き両紋
よくある間違いです
私は家紋に丸に三つ引き両紋は無いと思います。
古いお墓の家紋もう一度見直してみてください。
でぐち | 2014/07/09 20:09
私の実家は、熊切姓で、祖父は、三男ということもあり、
神奈川県海老名市上今泉の熊切家一族から分家しています。

長男は夭逝、次男も家族を持ちましたが三十代半ばで他界でその後の親族については、
付き合いも無く、近況は知りません。

祖父が建立した熊切家の墓(横浜市中区の根岸墓地)が「丸に三つ引き」です。

愛知県に嫁いだ従姉の嫁ぎ先も「丸に三つ引き」であることを
つい先日の叔父(彼女の父親)の葬式で知り、大変、驚きました。

くまきり | 2014/07/31 04:54
初めまして、三浦と申します。
私の父の実家は福島県福島市と伊達市の境目にあります。
亡父(生存していれば現在90才)は曾祖父よりご先祖は、三浦大介義明の流れを組む一族で、嫡男の家系であり、代々近くの
一族(佐藤家、西戸家)と婚姻を繰り返していると聞かされていたとのこと。そういえば、子供の頃、父の実家にいくと回りの人た
ちの名字が違うのに同じ顔だった記憶があります。
家紋は丸に三つ引きですが中の三線が太いです。
埼玉三浦 | 2014/08/12 16:00
どうも三浦です。うちの家紋がこのマークです。
神奈川県在住ですが田舎は山梨県甲府です。
甲府三つ引き | 2014/09/24 19:34
初めまして。北海道の太田です。
祖父が他界する前に、この家紋で祖先の名は三浦と聞きました。
それで今日ここを見て驚きました。
太田姓の方も三浦姓の方もいらっしゃるのですね。
うちは津軽藩と聞いています。
突然親戚が増えたような、嬉しい気持ちになりました。
ありがとうございます。
北海道太田初めまして。北海道の太田です。 祖父が他界する前に、この家紋で祖先の名は三浦と聞きました。 それで今日ここを見て驚きました。 太田姓の方も三浦姓の方もいらっしゃるのですね。 うちは津軽藩と聞いています。 突然親戚が増えたような、嬉しい気持ちになりました。 ありがとうございます。 | 2014/09/27 01:46
すみません。
上の投稿、おかしくなってしまいました。
匿名 | 2014/09/27 01:50
>佐久間さんへ

はじめまして、小河(おごう)と申します。
私も「丸に三つ引き」紋ですが、あなたの場合には、佐久間象山が同じ家紋ですから、遠祖になるのではないでしょうか?
佐久間姓は福島県と千葉県に圧倒的に多い姓ですが、象山は松代藩(長野県)の下級武士の出身です。
しかし推論ですが、松代藩の前身である川中島藩に松平忠輝が下総国佐倉藩(千葉県)から移封されていますから、
象山の先祖が千葉から移住した可能性もあるのではないでしょうか。
私の場合には、播磨小河氏の子孫の可能性が高く、播磨小河氏は「算木」紋と「丸に三つ引き」紋の両説があり、まだ確定的ではありません。
小河 | 2014/09/29 00:32
岩手の上山です。
カミヤマではなくてウエヤマと読みます。
一戸町奥中山に多く、墓地にもやたらとあります。
匿名 | 2014/10/16 06:33
はじめまして、わたしは、埼玉在住の佐久間です。
墓参りに行くと墓に同じ家紋がついていました。
父、母ともに福島出身です。

千葉に行った時、佐久間性の多い町を見かけました。
佐久間性の由来が少し解り感謝します。
埼玉佐久間 | 2014/10/16 13:44
誇りを持とう三浦一族。三崎水軍。
三崎に住む出口と申します紋は丸に橘です。
丸に三つ引き両紋。丸の内に三つ引き両紋は三崎水軍。三浦一族の紋であると思います。
三浦一族は、三浦大介が源頼朝公にまんしょうじで丸の内に三つ引き両紋を頂いた時に始まると思います
詳しい事が知りたい方はdeguchimitsuru@icloud.comまでメールを下さい。
出口 満 | 2014/11/13 05:52
忍城城主 成田長親 16代目 成田と申します。
皆様が先祖のことを興味を持っていただき大変感謝いたします。
名前まで記載するとまた大変なことになりますので省略させていただきます。
ほとぼりが冷めてきましたのでコメントいたしました。
映画「のぼうの城」で一躍有名になりましたが成田家では映画が出来るまでは深く関心を抱いておりませんでした。
私のところには成田系図があり江戸時代で書き止っておりました。
なぜか?簡単に言いますと武士階級制度が廃止されていったからだと思います。
江戸時代から現在まで名古屋の蓬左文庫で調べて記載をしていきました。
私事ではありますが約700年ほど前からの子孫が引き継いでいることに関心いたします。

忍城落城後行田から尾張(名古屋)に移動しますが農民や武士約200名ほどで移動を始めたと聞いております。
その道中付いてきた者たちが尾張まで到着するまでに少しずつその土地に居ついていったと聞いており、尾張に到着したときにはかなり少なかったと
聞いております。その後清洲城・名古屋城に身を寄せながら最終的には僧侶になり余生をすごしました。(墓石は名古屋平和公園)
その後長親の息子たちが大阪の陣に出向いております。
まだ書きたいのですが時間がなくなりましたので次回に続きをさせていただきます。
成田 | 2015/01/06 17:11
はじめまして。
私も市川といいまして、家紋は丸に揚羽蝶です。

当家は江戸時代の安永期より続く農家で、私で9代目となります。
祖父に聞いても、家の本家がわからないことから、
生涯かけて当家のルーツを知りたいと思い始めました。

まずは4代前の孫祖父さんの戸籍謄本を調べる事から始めようと思っています。

宜しくお願いします。
遠州の市川 | 2015/01/12 13:33
成田です。
成田家の家紋は映画の中で忍城内の屏風と同じ丸に三つ引きになります。
先祖のルーツはまずお墓があるお寺から探ると良いと思います。
私どものお寺は第2次大戦での空襲でお寺が消失してしまいかなり苦労しました。
また長親のお墓は1度墓泥棒に合い今で2基目なのです。
こんなことまで判明したのは系図のおかげでした。
成田系図は長親の孫が書き始めており、長親より前(藤原家)から記載されていました。
江戸時代前は名前を2~3使い分けをしています。

など先祖を探るといろんなことを知ることが出来ます。
頑張ってください。

成田 | 2015/01/13 17:01
うちも丸に三つ引きです。
祖父は祖先は平家の家臣と言っていましたが、
調べたことはありません
三浦 | 2015/04/08 23:31
自分は、姓は太田和です!
関東の千葉です!実家の近所は
太田、太田和、結構いますが、
皆、丸に三つ引きです!
nu- | 2015/04/22 16:26
家紋を手がかりに先祖調査をする場合に、留意すべきは「替紋」といって使用する家紋が二つ存在する場合がある事と、いつの頃からのことか知りませんが、女が嫁ぐ時に実家の家紋を持ち込む場合があることです。
昭和の頃には、紋付(家紋つきの着物)の家紋が旦那と奥さんで違うのは珍しくなかったようです。
小河 | 2015/06/12 22:33
算木紋の小河(おごう)某です。宜しくお願いします。

匿名 | 2015/08/12 23:42
和田といいます。祖母からの話ですと、神奈川の三浦氏の一族で、山形の鶴岡から北海道に渡ったとのこと。以前、鶴岡に行った際に、ご先祖様のお寺があると言われ、そのお寺を訪ねましたところ、「丸に三つ引き」紋の和田というお墓を確認しました。江戸時代の一族だったことが解りました。多分、三浦一族の庶流だと思います。
匿名 | 2015/11/05 16:54
はじめまして、益子と申します。祖父の実家と墓が茨城にあります。
益子氏は三つ巴とどのサイトにも書いてあったので私も栃木県芳賀郡の出の益子さんと同じく先祖の誰かが勝手に使い始めたのかと思っていましたが、益子氏のWikiでは一応書籍からの引用で丸に三つ引きを使っていたと書いてあるのでちょっと調べる意欲がわいてきました。
ルーツが全く同じかどうかはわかりませんが、同じ苗字で同じ家紋という方が他にもいることがとても嬉しいです。
Wikiに引用されていた書籍やお墓などでもう少し調べてみようと思います。
匿名 | 2015/11/10 13:24
はじめまして!私の家も同じ家紋です!御先祖のお話は身内から聞かないので詳しくは分かりません^^;どう調べれば良いのか分からず^^;同じ家紋の方がいらっしゃって嬉しいです✨✨
匿名 | 2015/11/27 20:21
初めまして、三浦と申します。宮城県本吉郡の出身ですが、家紋は丸に三つ引きです。その地域には多く見られる名字でありいずれルーツを辿ってみたいと考えて
いましたが、震災により寺が被害を受けたため難しくなってしまったかもしれません。
どの時期に三浦半島から東北へ移動したのか興味を持っています。
ナナッシー | 2015/12/29 21:47
神奈川県三浦半島在住の三浦です。我が家も丸に三引きで先祖は三浦一族です。戦いで北条氏に敗れたため先祖が宮城に移ったときいています。現に高祖父の代まで宮城に住んでいましたがその後高祖父の仕事の事情により三浦半島に戻りました。先祖か住んでいた土地にまた戻ってきたと聞いてなんか嬉しく思いました笑
三浦一族 | 2016/03/05 11:38
現在仕事の関係で東京に居住していますが、故郷は三重県津市です。当家には津市の在に居住(1653年)してから、何か提出の必要があったのでしょう、1770年に書いた由緒書きがあります。それによりますと1594年に大和郡山の豊臣秀長に務めていしたらしいのです。そして太閤検地に関わっていたようにも解釈できますので、奈良県の十津川村も訪れました。十津川には野崎氏は纏まってありましたし、幕末に活動された天誅組の中にも野崎主計氏がおられます。尚、奈良県南部には十津川村にまとまってありますが他村にはほとんど野崎姓おられません。又、北海道十津川は此処の別れです。十津川野崎氏の定紋は揚羽、笹竜胆、五三の桐、丸一引き、丸うち三引き、剣梅鉢でした。これは推測ですが、1600年が関ヶ原ですから、わが家は豊臣の残党であるわけです。ところが徳川方にコネを探しましたところ、藤堂氏は同じ豊臣秀長の部下であったことがあるわけです。大いなるこじつけと思いますが、大和から一山越えて伊勢に来るにはそれなりの理由が要っただろうと思われます。

野崎耕一 | 2016/03/12 10:54
和田といいますが、当家の家紋も丸に三つ引きで時代劇の遠山の金さんの家紋が丸に三つ引きで気になっています。
和田信弘 | 2016/04/01 09:10
出口と申します
丸に三つ引き両紋。丸の内に三つ引き両紋。よく見ないと違いが分かりません。
頼朝公が三浦大介追善のために建てたお寺。満昌寺の紋が丸の内に三つ引き両紋です。
丸の内に三つ引き両紋はこれが初めてだと思います
丸に三つ引き両紋は左奈田霊社に頼朝公が掲げたのが初めてだと思います
出口 満 | 2016/05/12 20:50
寺内です、読んで見ると色々と歴史が感じられます。私の家も家紋は同じです、親な聞くところ群馬から栃木に来たと聞きました、刀も有り親に隠れて専門家に見てもらいました。驚きです、先祖は隠密だったねと聞かされました、刀の、コズカと言うナイフ見たいな物が普通は外側に有るそうですが先祖の刀は内側で、隠しコズカと言い隠密だけが使った物と聞き驚きでした。金額は刀にひび割れがあり30万円位でしたが、我が家に戻しました。
寺内 | 2016/05/14 07:39
出口と申します
丸の内に三つ引き両紋は丸と内側の三が離れています
三浦一族。和田義盛の紋は丸の内に三つ引き両紋ですがよく見ないと離れているのが解らない位しか離れていません。
新井城の戦いで勇敢に戦った三浦道寸のお墓の紋も丸の内に三つ引き両紋でした
出口 満 | 2016/05/17 05:44
大英博物館に所蔵されている書籍の挿絵だそうです。
https://www.flickr.com/photos/12403504@N02/11293...
細井 | 2016/05/23 18:44
紀平と申します。
家紋は、〇に三つ引きで、同じです。
和歌山県です。

 ご近所に、親戚ではありませんが、
同じく紀平さんで、家紋も〇に三つ引きの方がいらっしゃいます。
紀平 | 2016/06/05 02:17
はじめまして三浦と申します。家のルーツを探している際この場にたどり着きました。家紋が丸に三つ引き紋です。私も福島市の伊達寄りに住んでおります。北条氏に滅ぼさせ各地に散った後三浦氏の者が住む目印として、庭に三浦氏のシンボルである榧(かや)の木を植える伝承があるそうです。私の家にも大きな榧の木があります。やはりほかの皆様の家にも榧の木があったりするのでしょうか?
みうら | 2016/06/10 06:23
させではなくされでした申し訳ございません
みうら | 2016/06/10 06:24
出口です
新井城の戦いでは
道寸の奥方初め息子家臣たち
大勢生きていました
三浦一族は滅亡していません
伊勢新九郎とは誰でしょう?三浦に伊勢新九郎の足跡見当たりません。
匿名 | 2016/07/22 07:31
群馬県沼田市の沼田と申します。私も家紋からルーツを訪ねてたどり着きました。
真田氏以前に250年以上沼田地方を統治し、沼田城を造った沼田氏の家紋も丸に三つ引きで、その祖は三浦一族の和田太郎某が沼田に来て沼田太郎と名乗ったとのことです。
沼田 | 2016/09/21 17:06
川瀬と申します。
先祖は美濃国多芸荘(現:岐阜県養老郡養老町)の旧家で、そこから分派し、岐阜・愛知・三重には川瀬姓が見られます。
本家は戦国時代には石田三成の家臣となり、前田慶次の子・吉兵衛を託されて祖父江に隠れ住んだという記録があります。
家紋は『丸に川文字』→『丸に立て三つ引き』という変遷を辿り、『丸に三つ引き』に落ち着いたと伝わります。
匿名 | 2016/10/25 14:39
はじめまして大阪市在住の三浦と申します。
私の父は海道出身です。
この前教えてくれたのですが、私の祖先は罪を犯した人の首を斬る人だったらしく、
武士でもあったようで…
ある城の持ち主で、大層な酒と女好きであり
借金ができて、その城を売ってしまったそうなんです。
でも、その残った土地を畑にし、農家になったそうです。
三浦 | 2016/11/09 18:35
大橋です。伊達家発祥の地である福島県の伊達市に住んでいます。伊達家の家紋は数が多いのですが、その中でも代表的なもは竹に雀と竪三つ引両です。
私の家は横の丸に三つ引きです。
大橋 | 2016/12/30 21:34
祖父は福島出身で苗字は原です。父親の話では、江戸時代には先祖は福島市で乾物屋をしていたとか……丸に三つ引の家紋です。ただ、坂東平氏の末裔であるとの噂も聞きます。宗派は真言宗です。将門神社に行くと不思議と気分が落ち着きます。三浦氏も千葉氏もあと旧財閥の住友家も元は坂東平氏だとのことですが、丸に三つ引にも原にも源氏はいるとのことで、真相は高いお金を払って調べるしかなさそうですね……まあ、ただの商人かもしれませんし……戦国時代まで遡ればはっきりするのでしょうが……ただ、母方は清盛の系列で鎧も兜も刀もあったそうです。清盛も元は坂東平氏ということで、やはり将門の血を引いているとか……なんで父方もそうかなという気はするのですが……真相は今のところ藪の中です。ちなみに母の旧姓は竹浦で長崎の五島列島出身です。
匿名 | 2017/01/18 09:34
はじめまして。横浜在住の市川@武州荒木と申します。

三重県伊勢の市川氏の先祖ですが、故長谷川順音(市川香舟)氏のご教示によると、皇學院大学などで調べたところによると、甲斐の市川別当行房の子供(実際は弟)の市川別当次郎定光(定房)が伊勢村松に領地を得て住し、直系は数代あと甲斐に戻ったそうです。でも、その間の分家が、伊勢に定着し、伊勢の市川姓の祖になったと思われます。また、伊勢八対野城の城主は市川喜兵衛で藤原姓を称しており、奥平の家臣となり、江戸時代には奥平の転封にともない、直系の子孫は関東の埼玉県行田市に移りました。なので、奥平の家臣の資料の中に記述があり、今も行田市郷土資料館にそれがあります。また、市川喜兵衛の一族の系図が三重県立図書館にあるようなので、調べてみてはいかがでしょうか?市川喜兵衛の先祖が、なぜ、藤原姓を称したのか分かりませんが、その辺の事情も分かるもしれません。
市川@武州荒木 | 2017/01/27 08:12
ちなみに我が市川家は、忍藩士となった市川喜兵衛の子孫ではなく、1600年代前半に行田市荒木に住んだことが確認される1600年代の寛文十一年に亡くなった市川平左衛門や貞享三年に亡くなった抱華道開禅定門の一族の子孫です。
市川@武州荒木 | 2017/02/01 21:39
わたしもみうらです。せんぞがぶぎょうしょにつとめていました。
三浦 | 2017/04/12 15:17
はじめまして、北海道在住の旧姓佐久間です。
私の叔父が系譜を辿ったところルーツは三浦氏にあるとのことでした。
鎌倉幕府内乱で敗れたのち尾張に移ったそうです。
ちなみに我が家のご先祖さんは鳥取出身です。
匿名 | 2017/08/21 18:14
兵庫県(神戸)に長年ゆかりがありますがこの家紋です。全国で50000番台の少ない苗字(この姓を持つもの全国で30名ほどだそうです。)なので公開は控えさせていただきます。先祖に関する江戸時代ごろの記録が残っています。100年ほど前に曽祖父が菩提寺の過去帳を資料として作成したとされる家系図では平良文がルーツとなっていました。
兵庫 | 2017/08/30 06:56
群馬県沼田市出身の沼田と申します。戦国時代の沼田氏は真田に亡ぼされるまで250年以上にわたって利根沼田地域を治めていた国衆で、資料によると祖は三浦系沼田氏とのことです。
匿名 | 2017/09/25 20:49
群馬県沼田市出身の茂木と申します。
私の祖先は神奈川県の三浦半島の出だそうです。戦国時代の戦で落ち延び、沼田市の山間部にて一族で部落を築いたようです。
私の家の家紋も丸に三つ引きです。
匿名 | 2017/10/02 18:48
神奈川県横浜市出身の阿部です。
私はつい最近になって家紋について調べていたのですが、母方の家紋がこのサイトの家紋と同じでした。今は母の元(片親)なので本当の名字は小林になります。
祖母に家紋についての話が聞きづらく、どこの家紋か、祖先は誰なのか、よく分かりません。サイト全体を見ていると、やはり「市川一族」や「三浦一族」の家系と考えた方が無難なのでしょうか?
匿名 | 2018/03/20 10:11
はじめまして 長野県在住の三浦と申します
出身は山形県ですが、昔祖母が 家紋のルーツを調べていたのですが、神奈川の三浦一族に辿り着いたそうです
途中 岩手県や北海道にも渡ったようで、岩手県では紙屋(紙すき)をしていたと言う事まで分かりました。
現在 三浦カンベイと言う大手の壁紙屋があるのですが、それも関係があるように言っていました。
また、長野県でも佐久間の姓の方も同じ家紋である事に感動を覚えました
しんいち | 2018/04/24 20:04
山梨県富士吉田市の遠山と申します。
我が家の家紋は丸に三つ引きです。ルーツを調べる参考にさせて頂きます。
きん | 2018/05/03 16:44
はじめまして。千葉県在住の杉浦と申します。我が家の家紋も丸に三つ引きです。
里見氏の家臣と聞いています。いろいろ調べようと思います。
匿名 | 2018/07/31 15:57
初めまして,A県のB地方出身の姓をDという者です。紋は丸に三つ引き両です。A,B,Dをここでは出しにくい理由があります。県名を出すと,簡単に姓のDが特定されてしまうためです。全国的には同じ姓はそれなりの人数いますが,調べた限りではA県に一つの家系しか見当たりません。それもB地方に限定されます。今までに調べた結果では,寛永年間にB地方に移住してきて住み着いたことがわかっています。しかし,どこからどのような理由でやって来たかまったくわかりません。他の都道府県で同じ姓がそれなりに多い地域を中心に今後も調べていきたいと考えております。また,A県B地方のお隣のH県にも江戸時代初期から農業を続けてきた同姓の家系がありますが,その家系も姓がDでその県で唯一ではないかと推測していますが,我が家との姻戚関係はまったくない別家系と思われます。家紋も異なるものです。隣県のそれぞれの場所に移住した時期が似ていて姓が同じDの2つの家系の出来事はただの偶然かもしれませんが,もしかすると,移住を決意した時期,元々は同一の家系の2つの家族から始まっていると想像すると,先祖探しがとても楽しくなります。
D | 2018/08/16 13:30
私の祖は福井県の若狭の出身です うちの家紋も丸に三つ引きです
若狭には上野国沼田氏の庶流 若狭の沼田氏が熊川城を築いています
若狭国沼田氏は足利氏家臣です   しかし家紋は三つ頭の左巴です
しかし若狭には丸に三つ引きの家紋の三好や古田の姓もあります
これらはなんら 足利氏 武田氏 沼田氏と繋がるのでしようか
色々と調べていますがわからないままです
ぽち子 | 2018/08/27 12:05
千葉県在住の大和田です。皆さまの書き込み、興味深く拝見しました。我が家も同じ家紋です。
現在は千葉県におりますが、本宅は茨城県です。茨城県日立市大和田町に縁があるような話を聞いたことがあります。
また、太田様、和田様、大多和様、太田和様も何かご縁がありそうですね。
匿名 | 2018/09/12 17:52
はじめまして、益子と申します。曾祖父が茨城の出のようで、上のお二方同様丸に三つ引両です。
匿名 | 2018/09/29 16:55
はじめまして!みつ引きが知りたくで見させて頂きました。我が家も同じ家紋ですが、歴史は古いです。
ネットでも城を検索すると、家の住所が載ってます。家系図を見ると、徳川家とのやりとりは新しい方に
なります。五重の塔も建ってたようです。五重の塔は室町時代の建造物なので、当時は栄えてたと考えられます。旗本でもありました。旗本=殿  子供の頃水たまりが多くて、お堀の後と聞いてます。
はらにー | 2019/04/25 18:21
三浦さんに返信します。敷地に各地で修行した庭師がびっくりする程の大木が二本あります。その内の
一本がそうかもしれません。ちなみに名字には田んぼの田がつきます。
はらにー | 2019/04/25 20:44
ルーツが少し見えた気がします。海ぎわでもないのに、魚が好きで、船にもよく乗ります。ひいおじいちゃんは、皆関東に行ってしまうと嘆いていたそうです。今度、鎌倉に行ってみようと思います。
はらにー | 2019/04/25 21:44
岐阜県に住む中島と申します。わが家の家紋も円に三引き両紋です。わが家の家系はよくわかりませんが、中島家のお墓は4代前から続き周りのお墓も中島が多いです。家紋も皆同じです。2012年のコメントの方も同じ中島の姓で岐阜県出身との事、ご縁があるかも。
中島 | 2019/05/17 22:40
初めてまして、茨城県北部に住んでいる益子と申します。
我が家の家紋も丸に三つ引きです。
茨城益子 | 2019/06/02 21:27
東京在住の三部と言います。
我が家も丸に三つ引きです。
江戸末期まで戸籍を遡っていったところ、
越後の藪神村の出身とわかりました。
祖父が言うには、戦国時代の会津地方にいた落武者の子孫で、落ちる時に改名しているみたいです。
先祖を知りたいので、何か情報を。
さんべ | 2019/07/07 21:45
縮小 拡大

ログインしておくと、後で編集が可能です。

Rottel内コンテンツ

ユーザー一覧

Rottelとは?
利用規約
開発飲料
利用者の声
ヘルプ
close